2019年9月20日 (金)

2週続けての三連休

2週続けての三連休です。

ところで我が家の場合
上田に住む長男は「土日出の職場」に配属されているため対象外
長野市で一人暮らししている次女の職場も週休2日の内訳は「日曜と平日の休み」で三連休ならず

家から通う長女は、シフトを自分で組める立場にいるが故に不定休(笑)
そして土日祝日休みのカミさんも、週末は家にいるも最近は休出が多くせいぜい二連休
私に至っては正月三が日以外連休はなく、三連休が続いても全員集合できないオプト家ですが
次に集まるのは来月26日の義父の一周忌
故人を偲び感謝すると共に、大切な一日にしたいと思います。

 

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

キャッシュレス化が進んでいます

今日「キャッシュレス・消費者還元事業ツール発送事務局」から届いた
告知ポスター・チラシ・ポップ、ステッカー (下の写真の品×各5部)
いよいよ日本でも着々とキャッシュレス化が進んでいます

Img_9683

ところで、どれだけお金掛けてるのでしょう?
何パーセントの小売店が導入予定なのでしょうか?
経済効果が本当にあるのでしょうか?

当初は消費税増税後の買い控え対策(中小小売店の救済)と思われていましたが
それは隠れ蓑で、実はキャッシュレス化を推し進めるのは
インバウンド(外国人の訪日)対策であったり
カード等の利用で得られるビッグデータを利用して
新たなパターンやルールの発見しようとする「もくろみ」だとか

「日銭商売」している中小小売店にとって現金はありがたく
カードやクレジット売上のメリットは実感できにくいもの

果たしてお客様にどのように受け入れられ
どんな商業体系が構築されていくのでしょうか?

準備万端ではありますが
一抹の不安を抱いているオプトパパであります。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

人は見かけによらない

昨日の定休日
カミさんと買い物に出かけ
少し遅めの昼食をとりに向かった先が安定の「大〇屋」

店内は混んでおり、順番待ちの記名台では
「テーブル席/カウンターどちらでも」を選び待つこと20分
呼ばれて、ついた席は6人掛けのカウンターの左端
そしてまもなく席を2つ空け、右端には若いカップルが座りました

それからしばらくして、店員さんが満面の笑みを浮かべ
「お待たせいたしました!サバの炭火焼き定食と鯵の炭火焼き定食です」

いやいや私達が頼んだのは
四元豚のロースカツ定食とロースカツの卵とじ定食

「違います」と言うと
店員さんは一瞬困惑した顔で「あっそうですか・・・」というと
そのまま右にスライドし、焼き魚定食はお隣のカップルさんのもとに

 私  :(思わず小さい声で)渋い!
カミさん:(やはり小さな声で)そんな事言うもんじゃないよ!
      魚食べたくて来る人も多いんだから

そして私がテーブル周辺を探すとカウンターの縁に「26」の数字があり
この6人掛けカウンターの番号と判明
(つまり私達もカップルさんも26番カウンターと言うこと)

 私  :たぶん店員さんは、魚料理は中年夫婦が選び
     肉料理は若い人だと思って運んだんじゃないかな
カミさん:私もそう思う!だって、自信満々で運んできたもの!

そこで本日のご教訓!(←すげ~久しぶり)

人は見かけによらない!
年をとっても肉が好き!(笑)

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

オプトパパも作りました!無限ゴーヤ

残業のため帰宅が遅くなったカミさんを手伝い
私オプトパパが作った「無限ゴーヤ」(←美味しくて無限に食べられるゴーヤ料理の意)

Img_4041

レシピは先日のブログどおり

わたを取って、切って、茹でてまではカミさんで
それをバトンタッチして冷水でしめ、調味料の投入が私の役割(←いわゆる味付け)

ゴーヤの量がわからないので
ツナ缶以外は目分量で適当に入れましたが・・・

これが ウマシ!

ゴマ油は少なめで、ポン酢とカツオ節は適量(一回し&ひとつかみ)
最後に白ごまを掛けて完成しましたが
辛みの好きな方は、さらにラー油や七味の追い掛けをお勧めします。

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

今年一番の買い物

黒い皮ケースに入っている
スマホのようなモノ

Img_9641

パソコンなどに接続して使います

Y_mpcd1_mobile_charge_20190912183801

それを
同時に購入した80インチのスクリーンに投影すると

Img_9669

ホームシアターのできあがり!(旧宅の茶の間です)
この小さな機械の正体は、ソニーのモバイルプロジェクター

本来の目的は一昨年に当店が始めた「聞こえ出前講座」
そこで使うために購入したのですが
明るさも画質もなかなかのモノで今年一番の買い物となりました

「お高いんでしょう?」の声が聞こえてきそうですが、それほどでもありません。
プロジェクタースとクリーン合わせて✋程度で購入できました

有効活用のためにも出前(出張)先を積極的に探し
多くの方に高齢者の方や難聴の方の「聞こえ」を知っていただき
難聴者の方に優しい聞こえ社会と
よりよいコミュニケーションの実現のためお役に立ちたいと思います。


| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

今月のチラシ(2019-8)

今月のチラシが完成し、今朝の朝刊に折り込まれました。
(配布対象外の地域にお住まいの方は画像をクリックしていただくと拡大します)

Vol164a_20190911190001   
 通常は裏面もアップするんですが
今回はなぜかPDFに変換できず表面だけとなります。

朝一で電話が鳴り
「チラシ見ました!」
「あそこに書いてあるゴーヤの記事読んで早速作りました!無限ゴーヤ」
「主人もウマイ!と喜んでくれたので嬉しくなって電話掛けました!」

とにもかくにも
お役に立ててやかったと思う、心の広いオプトパパであります。 

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

遅きに失する?

今日の最高気温は31.1度
室内の温度計も30度を超えました

9月に入るやいなや
涼しい日が続きましたので
高齢者の方にはこたえたみたいです。

ところで今年は
農作陸奥の収穫時期が10日から20日ずれ込んでいるようで・・・

そんなわけで
当店の緑のカーテンが本日ようやく役立ちました

Img_9674

遅きに失するところでした

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

無限ゴーヤ

今年はゴーヤの当たり年で
いまだにたくさんの実がついています。

Img_9653

ところで昨日お越しいただいたY様(女性の方です)
今年は総代さんという事で、何かとお目にかかる機会が多く
先月の13日も駅前広場で行われる盆踊りの準備におみえになり
大量に収穫して処分に困っていたゴーヤ数本を引き取っていただきました。

その後日談として伺ったのが「無限ゴーヤ」の話し
(美味しくていつまでも食べ続けられる意味での「無限」だそうです)

作り方は、薄く切ったゴーヤを少量の砂糖と塩でもみ、10秒ほど茹でた後冷水で締め
ツナを入れ、調味料としてゴマ油、ポン酢、鰹節白煎りゴマであえて完成だそうです
(写真はクックパッドより)
 
D053985ba499bd6d8cf300009ad52e9e

普段あまり食さない野菜だったそうですが
高一の娘さんがスマホで調べ、作って食べたところやみつきになり
その後一週間ほど毎日「無限ゴーヤ」が食卓に上ったそうです

お母様のお話では
「オプトさんのゴーヤは苦みが少なくて、初めて食べた娘も気に入ったみたい」
とのことでした。

確かに最初に食べた時の食材が諸条件により口に合わないと
それがトラウマになり、なかなか好きになれないものです
(私の場合はパクチーかな?)

そんなわけで
偶然にも若い娘さんをゴーヤ好きにした
オプトコバヤシゴーヤ農園のゴーヤです。

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

いよいよ9月

いよいよ9月
急に涼しくなり町内では久々に霧がおりました。

今年は残暑が厳しいとの予報ですが
虫の音も聞こえるようになり
夜もゆっくり眠れるようになりました

そんなわけで?
店のディスプレーを秋バージョンに変えました。

Img_9650

そして、本ブログのテンプレートも
模様替えしましたが反映されるのに少し時間が掛かりそうです。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

川中島白桃が今年も届きました。

長野市に住む同級生が、毎年届けてくれる川中島白桃。
今年も頂戴しました

Img_9633

この桃は、昭和30年代に品種改良を進める中で生まれた桃で
大玉で酸味が少なく、固くしまった肉質と日持ちするのが特徴だそうです。

育成者の池田正元氏が独占せず
地域の他の生産者にも広めたとのことですが
それを聞いて思い出したのが「辛子明太子」

最初に商品化した名店「ふくや」の初代社長さんが
製造特許や商品登録をせず、そのおかげで九州から全国に派生し
日本の食卓を豊かにしています。

そういえば、熊本の「くまモン」もそうですね!
使用料を取らないことから沢山の商品に使われ、そして広く知られ
時には熊本県人の心の支えにもなっているかも?

そうじゃない?
本ブログの最南端の読者 〇〇えチャン!

| | コメント (2)

«天候の早期回復を願います。