« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

この秋一番

081030_011600 081030_005600 081030_004600_2

この秋一番の寒さです。
鳥居川が流れる地区は川から立ち上る朝霧(水蒸気)でつつまれ、幻想的な雰囲気をかもし出しています。(左端の写真)
ウオーキングコースにある小丸山公園(真ん中と右端の写真)には落ち葉がいっぱい。
小さな子供達はこれを集め「自然のベット」にダイビングしたりします。

寒さと共に身体が引き締まっていくのがわかります。心と体が冬本番に向けての準備を始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

進化する遠近両用レンズ

Image20081104 ニコンが主催するセミナーに参加しました。
今回の目玉は来月4日より発売する遠近両用レンズ「ニコン プレシオパワー」です。
境目のない遠近両用レンズの弱点である「歪み」を大きく解消し、価格もリーズナブル。
担当者曰く「10年に一度の新製品」とのこと。
理論は複雑ですが、たとえるなら雑音を雑音で相殺するヘッドホーン同様に、プラスの歪みをマイナスの歪みで打ち消す設計になっています。

私も3年前より遠近両用メガネを使用していますが、セミナー修了後にテストレンズを装用し、その違いがはっきりわかりました。
カメラレンズの設計ポリシーを生かし、「限りなくシャープな見えごこち」を目指す世界のニコンが、また一つやってくれました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

空飛ぶマヨネーズ

貧乏性なもので、嘉門達夫の「小市民」の歌詞どおり

♪石けんがすり減って小さくなったら 新しい石けんの上に貼り付ける
♪シャンプー使い終わると中ブタはずし お湯を入れ振って使い切る 
♪アーモンドチョコなめて アーモンドだけにして食べる あー小市民

のようなことは本当にやってましたし、今でも石けんは合体させて使っています。
だから当然、チューブものは最後まで使い切るよう努力してます。

そこで本題に入ります。なぜマヨネーズが空を飛ぶのか?
実はマヨネーズには容器を逆立ち(キャップを下に)させて置くと、中身がきれいに下に集まるタイプと、そうでないタイプの2種類があります。(メーカーによって?それともカロリー?今のところ不明)
その結果、前者は見事なまでにきれいに使いきれますが、後者の場合は容器を潰し、中身を前に押し出して使わねばなりません。 
しかし、1/4程度の中途半端に残っているとき皆さんはどうしますか?我が家では、というか私は遠心力を利用しています。

そして今日も、昼食のサラダにかけるべく冷蔵庫から取り出したマヨネーズ。
いつもの要領で容器の下側をしっかり持ち、パタパタと力強く左右に振ったところ、なぜか空中に黄色い放物線が・・・・それが幾筋も幾筋も・・・向かいの壁の方にまで・・・真下の座布団の上はお好み焼きの表面のよう。 ウーン ショ~ック! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

それぞれの秋

早朝よりカミさんと長男は、剣道大会の応援に行きました。
長女は終日受験勉強(勉強半分、息抜き半分)
私と次女は、JAの「農協祭」で買い出しに行き、昼食・おやつ・夜のおつまみを購入するも、冷蔵庫にしまってあったクレープをバアチャンが発見。
「壊れたケーキみたいの・・・」の表現に全員大爆笑。
今日明日で地区の「文化展」も開催されており、明日は子供達の絵を見に行きます。
それぞれの秋は多忙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

水泳の記録会

P505is0013304031 昨晩、次女がお世話になっている、スポーツ少年団「ジュニアドルフィンズ」の記録会があり夫婦で応援に行ってきました。
人口1万人弱の田舎町ですが、25メートルの温水プールがあり1年中泳ぐことができるんです。
そんな恵まれた環境を生かし、競泳経験のある方々が立ち上げた水泳のスポーツ少年団ですが、創立15周年を迎え団員も120名を超します。
「早く泳ぐことよりも、きれいに泳ぐこと」を目標に、5月から11月までの毎週木曜日だけの活動ですが4年以上在籍した団員は、ほとんど4泳法(クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ)をマスターし小学校の6年生で卒業します。
「これって財産だよね!」昨日もこんな会話が飛び出しました。
自転車に乗れることやスキーが滑れることと一緒で、一度覚えた泳ぎは一生忘れないと思います。
保育園の年長から6年生までの子供達の頑張る姿、成長した姿を見て、また一つ元気をもらった秋の日です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月23日 (木)

メタボと眼疾患

P505is0013238490 「日本眼鏡技術者協会」主催の講習会に参加するため、松本まで行ってきました。
講義内容は「眼鏡光学」「コントラスト感度と視力」、そして「メタボリックシンドロームと眼疾患」の3講座です
前の二つは専門分野のため説明を割愛するとして、後者のメタボと眼疾患についてちょっと報告します。

ご存じのとおりメタボリックシンドロームとは、肥満と高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上を合併した状態で、多くの重篤な疾患の前触れともいわれています。
眼に関しては「糖尿性網膜症」「網膜内の動静脈変異」「加齢性黄斑部変性」が関係する代表的疾患で、いずれも眼底検査により診断が下されます。
ところで、人間の身体の中で唯一血管が見える(観察できる)場所が網膜です。
そして、網膜の血管の様子は脳内の血管と同じ状態を示すので、眼底検査を受けることにより脳梗塞等、脳内疾患の予測もできるそうです。(各種検診の際、眼底検査はお金払ってでも受けましょうね!)
「過食→肥満→高血圧と高血糖」の流れで陥るメタボリックシンドローム。
だから、まずは食生活の見直しと体重のコントロールがもっとも必要だとの講師先生の講義は単純明快で大変参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

タイムトラベルⅡ

30年来の友人3名と過ごす「一泊二日の下宿ツアー(私にとってはタイムトラベル)」から帰ってきました。
場所は長野県内某所にある友人Yの単身赴任住宅。
学生時代の下宿を彷彿させるような適度な散らかりよう←(結構気遣って表現してます)を、みんなすっかり気に入り今年で5回目を迎えます。

「常日頃、仕事や時間に束縛されている心と体を解き放す」・・・・と言えばかっこ良いのですが、ようするに土日の二日間、学生時代のように大好きな音楽とお酒にどっぷりつかりながら、本を読んだり、懐かしのビデオを見たりして「食っちゃ寝」の怠惰な時間を過ごすだけなんです。

でも、その効果は抜群!気分は一気に30年前の貧乏学生時代にもどり、肩の荷すべてが軽くなります。そして毎回同じ思い出話を語りながらも記憶の共有化を楽しみます。
そういえば、最近素人で作る「親父バンド」なるものが続々と誕生し活躍していますが(全国大会も開催されたとか?)彼らも同じ気持ちじゃないかな~
当時は高価で買えなかった楽器を手に入れられる年齢になり、そんな仲間が自然と集まり、思い出深い曲を一緒に演奏する。(ウーン、なんてセレブでお洒落息抜き!我々の「ナマケモノ状態」と一緒にしちゃまずいですね。)

とにもかくにも心身共にリフレッシュした2日間でしたが、これからの目標はやはり「健康」です。誰が名づけたか「旧友再会Forever Youngの会」
来年もまたブログで紹介できるといいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

タイムトラベル

「今 家を出たから!」と新潟県に住む旧友Iから電話が入りました。
今年もまた、私と友人I・S・Y、4人の親父達のタイムトラベル(時間旅行)が始まります。

思い起こせば30ウン年前、上京して初めてできた友人がIでした。
Iとは下宿も近く、5年間ほとんど毎日顔を合わせ、仕送りを融通し合い、同じナベのラーメンを食べ、秋には実家から送られてきた長野のリンゴと新潟のコシヒカリを物々交換しあった中です(今でも季節の挨拶として続いています)
SとYは共にIつながりの友人で、特にYは外科医で現在単身赴任中。
そこで、数年前よりYの住む医師住宅に3名が押しかけ、30年前の学生時代と同じ下宿生活を体験するツアー?を実施しています。(Yには迷惑だけれども)

幸いにもYの住む医師住宅は、部屋数は多いものの一人暮らしのため1室しか利用しておらず、学生時代の我々部屋を彷彿させるような大量の本と適度な散らかりよう。でも、これがまた落ち着くんだな~!
そんなわけで、これから旧友と共に30年前に戻って命の洗濯をしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

今朝はぴーかん

P505is0012910789 今朝は放射冷却で空は晴れ渡り、気温は6度。ウオーキングをしていて耳が痛くなりました。
毎年15日前後が妙高山の初冠雪と聞きますので、例年並みの晩秋と言ったところでしょうか?
ところで、朝のウオーキングを日課として3年になりますが、歩いていて「良かった」「こんなことがあるから(ウオーキングを)つづけよう」と思えるのは、今朝のような真っ青な空の時です。
上を見上げると、雲一つない空。心も頭の中もしばしカラッポになり、自分が自然や地球や宇宙とつながってるんだな~と実感できるひとときです。
そして気分もリフレッシュして「今日は(今日も?)きっといいことあるぞ!」と朝から嬉しくなって、このように掃除をさぼり朝一でブログを書いているしだいです。
今日は全国的に晴天とのこと。どうか皆様 ハバー ナイス デー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

秋の恵

秋の3連休、皆様いかがお過ごしですか?
私は休むことなくコツコツ働いていますが、観光地ではいろんなイベントが開催されており、好天も幸いし賑わっているみたいですね。

ところで、秋といえば「食欲の秋・味覚の秋」ですが、毎年嫁さんの実家や、いろんな所から栗を頂戴します。
栗といっても幅3㎝もある、いわゆる小布施栗です。
栗はもちろん、ゆでて半分に割って、スプーンですくって食べるのが贅沢な食べ方でですが一番は「栗の渋皮煮」です。

鬼皮(表面の堅い皮)をむき、重曹の入ったお湯で渋皮のついた栗を何度も煮て灰汁(あく)を取ります。最後に渋皮の余分な繊維を取り、鍋に水と砂糖を入れ15分煮て完了!
渋皮があるから煮くずれせず、何度も灰汁を取っておあるので渋皮もおいしくいただけます。
和風マロングラッセと言ったところでしょうか?ぜひお試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

秋到来

081009_009400_5 稲刈りが終わった田んぼの中。
ハゼ掛けされた稲が「どうだ!」と言わんばかりに、竿をしならせています。今年も豊作です。

昔は当たり前の風景でしたが機械化が進み、稲刈りと一緒に脱穀もするためこのような風景は探さないと見られません。

後方の黒姫山が、先日の寒気のせいか急に色付き始めました。
穏やかな 穏やかな秋の訪れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

捨てる

ブログリンクさせていただいている方が最近のブログに
「地元の民話に『切っても切っても元に戻る古木』の話がある。それと一緒で、片付けても、片付けても翌日は元に戻っている(散らかる)家の中や職場の事務室。『全部捨ててやる~』とは思うのだが民話の結末と同様に『たたり(部屋神?事務所神?)』が怖い」と、面白おかしく書かれていました。
たしかに、毎日届く郵便物やカタログ・整理しきれない資料等で常に机の上は書類の山です。そして私の場合、生まれ持っての先延ばし気質が災いとなり、資料の山は紙袋に収納され、紙袋は古い順番に並べられ、どんどんと増え収納スペースを圧迫していきます。
何とかせねば・・・そんなとき読んだある本に、こんなことが書いてありました。
「捨てることには7つのメリットがある」
①決断力がつく②頭が整理される③エネルギーが生まれる等々(PHP文庫「スピード整理術」中谷彰宏 著)
そんなわけで、「たたり」を恐れながらも毎日少しずつ紙袋の数を減らしていく今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

卒煙記念日

10月1日は私の「卒煙記念日」。
2年前に体調不良からはじめた禁煙が、いつしか辛いものでなくなり、気が付いたらタバコを吸わずにすむ喜びに代わっていました。
そして最近は、タバコを卒業したという意味で聞きかじりの「卒煙」という言葉を使っています。(Google検索で3万6千件ヒットしていますので、かなり市民権を得てますね)
でも、この記念日は単にタバコを止めた日ということでなく、心から健康になりたいと願った日でもあるんです。

2年前の9月。咳と同時に出た痰の味が変?ティッシュにはき出すと真っ赤な鮮血でした。
「何じゃこれは~!!!!」
頭の中が真っ白になり、ネットで「咳 喀血」で検索すると、出るは出るは、たくさんの病状や病名。
早速病院を受診すると、レントゲンに異常はないものの精密検査をすすめられました。
そして担当医師から「小林さん、検査の関係で3日間だけタバコを止められますか?」と言われた日が10月1日。
子供もまだ小さいし、両親の面倒もみなきゃならん、家も建て替えの時期だし・・・・
それからの3日間は、ひたすら祈ってました、どうか重篤な病気でありませんようにと。
耳鼻科精検、胸部CT、肺の内視鏡(これが一番辛かった)と検査が続き、最終的な診断名は「気管支出血」。
季節の変わり目、空気が乾燥しているときに多いそうです。それとカラオケなんかで喉を酷使してもなるとか・・・そういえば9月のPTA合唱(中学文化祭)で大声出したっけ。

取りあえず、たいしたことがなく安心したわけですが、担当のお医者様からは「このままタバコを吸い続けると肺気腫になる恐れがある」こと、「今回は血圧が若干高かったため出血した」等の説明を受け、改めて禁煙を決意すると同時に健康のありがたみと、維持管理の必要性を痛感しました。
だから、たくさんある私の記念日の中で一番インパクトの強い日がこの「卒煙記念日」です。 また来年も健康でむかえられますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

秋が戻って来ました

ここ数日冬を感じさせる程寒い日が続きましたが、今日は再び気温が上がり、秋が戻って来ました。
ブログを書いているこの時間(21時)、外では虫の音が聞こえます。
晩酌もようやくビールから熱燗に変わったことだし、秋の夜長はやっぱり楽しまなくちゃ!

でも、世の中の動きは年々加速度がつき、9月そうそうにスタッドレスタイヤの宣伝がはじまったと思ったら、郵便局では先週あたりから年賀状の受注を開始しましたね!
気の早いアナウンサーは「今年も残るところ後三ヶ月」とコメントしてましたけど、確かにあっと言う間に年末を迎えそうです。
今年はイトコ会の幹事だし、高校の同級会も・・・・急に気ぜわしくなったてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »