« 「防音室」それとも・・・ | トップページ | そろそろ出番かな? »

2009年7月31日 (金)

バケツをひっくり返したような・・・

以前から慣用句として使われている言葉で
個人的に気になっていた表現に
「バケツをひっくり返したような雨」と言うのがあります。

大雨の状態を示しているのでしょうけど
雨粒が大きい?それとも雨脚が激しい?

一説には戦時中、南洋でのスコールを体験した兵隊さんが帰国してから広めた表現で
「水がいっぱい入ったバケツを空中で瞬間的に上下を逆にした時、下にざっと落ちるような目の前が見えないような土砂降りの雨」だそうですが、どうも腑に落ちなかったんです。
でも、今晩の豪雨を見て納得しました。

川からあふれ出た水が、普段は階段となっている場所に流れ込み
滝のような水しぶきを上げながら県道になだれ込んでいました。
つまり階段の上からバケツをひっくり返した状態なんです。
解釈は異なるかも知れませんが
ビジュアル的にはこの方がわかりやすいのでは?

とにかく長野県下を縦断した今日の豪雨は、雷鳴も伴って凄かった!

« 「防音室」それとも・・・ | トップページ | そろそろ出番かな? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バケツをひっくり返したような・・・:

« 「防音室」それとも・・・ | トップページ | そろそろ出番かな? »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ