« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

さぶいっす!

ここ二日ほど 朝の気温はグッと下がり
(放射冷却のため発生した?)朝霧の中をウオーキングしてますが

さぶいっす!

ウエアーは発熱素材なので、しばらくすると体は温まりますが
手と頭が冷たい。

そこで中2の息子に「父に貸してくれるような帽子と手袋ないか?」と聞くと
「軍手ならある」とのこと

まーいいやと思いはめてみると、これが結構暖かい。
それにウェアーが目立たない濃紺なので
白い軍手はアイキャッチとなり、車からの視認性も良さそう(事故防止になります)

しばらくはこれで歩いてみますか!(男性用の白い手袋って無いですもんね)

2009年10月27日 (火)

仮想メモリ

最近、文字入力の途中で急に変換速度が落ちるようになりました。
PC本体内部では「グググ」みたいな音がしているので
フリーズしたわけでは無いのでしょうけれど

そして今日出たエラーメッセージは「仮想メモリの最小値が低すぎます」

パソコン使用歴は28年ですが、ハードにはほとほと弱く
ネットで「ウインドウズ 仮想メモリ」と検索し対処法を探し
システムプロパティのパホーマンスを操作しようと試みるも
思いの外に現設定数値が大きく手をつけずに終了しました。

いろんなプログラムを同時に開かなければ良さそうなんですが
これってメモリ不足?メモリ増設する?それとも・・・

2009年10月26日 (月)

歯が欠けた!なるほど!これならよくわかる!

上の犬歯の横の歯が欠けました
早速かかりつけの歯医者さんに行くと
診察台の横の、口をすすぐコップの上に液晶ディスプレーが・・・

「とりあえずレントゲン撮りましょうか」
と言うことで別室で撮影後に診察台に戻ると
例のディスプレーにはレントゲン画像がくっきり表示されてました。

「この部分が欠けていて、ここが銀歯の部分。ここを削ってかぶせなおしますね!」
なるほど、今までの証明写真サイズのレントゲンフィルムより見やすい!わかりやすい!

医療も進歩してますが(何より最近の歯医者さんは痛くない!)
患者に対する説明(インフォームド・コンセント?)も充実してきて驚きです。

2009年10月24日 (土)

続 加齢臭

昨日のブログの続きです。

講習会で、隣の席に座られた方の「加齢臭」と思われる臭いが気になり
帰宅後、娘に私の体臭をチェックをしてもらい、安心したことを書きましたが
その時に娘が言った「お父さんの臭い」の一言に、昔の記憶がよみがえり
鼻の奥がツンと痛くなりました。

11年程前になりますが、商売がらみの研修旅行で長崎に行った際のこと
観光バスのガイドさんが長崎に投下された原爆のことを語る時
被爆した父親と幼い娘の短い物語を話してくれました。
それは、父親の言葉で語られており

----------------------

(前略 と言うより以下の内容のみ強烈に覚えているわけで・・・)

娘が私の布団に潜り込み
「お父さんの臭いがする!」と無邪気に笑う

しかし、私はこの子を残してもうすぐこの世を去る

私がいなくなった この家で この部屋で
ぽっんと1人残された娘は、どう過ごすのであろうか
私の移り香を嗅ぎ、布団にくるまって泣く娘の姿が目に浮かぶ

死にたくない この子を守りたい    

(概ねこのような内容ですが、原本があればぜひ読んでみたいです)

----------------------

当時、すでに1男2女に恵まれていましたので
ガイドさんの話を聞き
仲間に気付かれないよう泣いた覚えがあります。

それと同じ台詞を実の娘から聞くとは・・・
平和であることのありがたさ、そして今の幸せを実感します。

元々日本人は体臭の少ない民族です。
眉をひそめたくなるような加齢臭はいただけませんが、清潔に心がけ
「自分の臭い」も大切にしたいと思った「娘の一言」です。

2009年10月23日 (金)

加齢臭 

数年前から話題となり
最近の消臭剤のコマーシャルでも対象とされている「加齢臭」

「おじさんの臭いはポマード(ふる~)の臭い」だと思っている自分は
加齢臭?どんな臭い?と不思議でした。
しかし、一昨日参加した認定眼鏡士講習会で、隣に座られた年輩の方
不潔な臭いでは無いのですが、なぜか気になる香り・・・これが加齢臭?

家に帰り一番下の娘に、ちょっとそんな話をして袖口を眼の前にかざすと
クンクンと、軽く嗅いでだ後、「お父さんの臭いがするだけで、臭くないよ!」とのことで
何とかセーフ!

「加齢臭」については、次のブログでも取り上げたいと思います。

2009年10月22日 (木)

ウオーキング再開

前回のブログどおり、ウオーキングを再開しました。

久しぶりに歩く(ウオーキング)コースはすっかり様変わりし
小丸山の木々は色づき
黄金色の田んぼや、真っ白だった蕎麦畑もすっかり刈り取られていました。

そして今日も歩くぞ!と気合いを入れ着替えると
外は雨

ラジオでは「一雨一度」(一雨ごとに気温が下がる)
なんて言葉を紹介してましたけれど
やはり運動すると体も頭もリフレッシュします。
今年は万全の防寒対策をして
ギリギリ(降雪)まで歩いてみようかと考えています。

少しずつ 少しずつ 生活が落ち着いてきました。

2009年10月18日 (日)

久しぶりの定休日

今月は父の葬儀などでたくさん休みましたが
日常生活もようやく落ち着きはじめ
今日は久しぶりの定休日でゆっくりしました。

子供達は、部活や剣道の大会があるため
嫁さん共々早朝から出掛けましたので
子供の掃除当番を変わってしてあげた後は
マイペースで家の片付けと仕事をしてました。

今日をきっかけに乱れていた生活のリズムも戻りそうです。
いよいよ明日からウオーキングを再開しましょうかね
(なんだかんだで2㎏太りました)

2009年10月17日 (土)

久しぶりの雨

「北部地方は、夕方から夜にかけて 所により雨となるでしょう」
の天気予報が当たり
午後3時過ぎから久しぶりに雨が降ってます。

でも不思議と暖かいのは、雨空が熱を逃がさないため?

ブログを書くようになってから
季節の移り変わりや、天気のことに関心も持つようになりました。
もちろんネタ探しが目的なんですが、空を見る頻度が格段に多くなりました。

すると、水に絵の具を流したような不思議な形の雲や
幻想的な夕焼けを見る機会が増えます。

気象予報士のほとんどが方が
そんな自然界の不思議や、感動的な天空ショーのことをもっと知りたくて
資格試験を目指すんだそうです。

予報は出来なくても 風や雲の流れから天気の変化に気づければいいんですが

 

2009年10月16日 (金)

祝 農林水産大臣賞

私の住む信濃町は新潟県と隣接していますが
その境に全部で8戸の集落、いわゆる「高沢集落」があります。
関川(一級河川)の河川沿いにあって、橋を渡れば数十メートル先は新潟県です。

その高沢集落の皆さんが農事組合法人「高沢農園」を設立したのが20年前の1989年
キノコを栽培したり、そば屋を開店したりとにかく元気なんです!
その活動が認められ、「豊かなむらづくり全国表彰事業」の農林水産大臣賞に選ばれました。

「小さい集落だから心を一つにして出来た」と新聞のインタビューに答えていましたが、それなりの苦労はあったはず。
特にキノコ栽培やそば打ち体験などの施設を作る際には、資金も必要だったと思いますし、それなりのリスクも背負ったことでしょう。

小さな集落みんなで作った「小さな会社」
きっと過疎地のお手本になることがいっぱいあることでしょう。
本当におめでとうございます、高沢農園の皆様

2009年10月14日 (水)

季節感

季節は穏やかに移り変わろうとしていますが
テレビを見ていると、今が夏なのか秋なのか初冬なのか
よくわからなくなります。

半袖姿でのアイスコーヒーの宣伝
冬景色の中でのシチューやスタッドレスタイヤのCM
お歳暮商戦スタートのニュース

縦長の日本列島ですので、気候や温度差はあるでしょうけれど
もう少し足並えたら?と ちょっと感じました。

2009年10月12日 (月)

友あり 遠方より来たる

金沢と糸魚川市に住む
古くからの友人二人が父の弔問に来てくれました。

高校卒業後、東京で出会った友です。
方や「山育ち」、方や「海育ち」
生まれも育ちも、環境も経験も全く違いますが
(かえってそれが良かったのかも?)

あっさりした友達関係に慣れていた自分が
初めて、全てをさらけ出して付き合った
本当の友です。

それぞれ年齢を重ね
背負う荷物も重くなり、体は悲鳴を上げはじめてますが
志や気持ちは昔と全く変わらず
会う度に心がリセットされます。

だから一目でお互いの状況がわかります。
バテてるのか、余力があるのか
ほっといても大丈夫か、今 手を貸す時期なのか・・・

ところで、俺はどう見えた? ポ○ズ 猪○

俺は、お前らが来てくれて
涙が出そうなくらい嬉しかった

ありがとな!

2009年10月 8日 (木)

台風18号

日本各地に爪痕を残しながら台風18号が通過しました。
50年前の「伊勢湾台風」にも匹敵する勢力との情報から
長野県内の小中学校は臨時休校し、JRも運行を見合わせました。

台風の勢力範囲に入った昼頃は、あまり強い風雨を感じませんでしたが
午後5時に長野気象台から「大雨洪水注意報」が発令され
まだまだ油断禁物です。

何事もなく、明日は「台風一過」で晴れると良いのですが・・・

2009年10月 6日 (火)

眠るように亡くなりました。

9月30日に父が亡くなりました。

享年77歳 
前立腺ガンの診断を受けて7年
最後は骨に転移し
痛みをコントロールする緩和ケアが治療の中心でした。

鎮痛剤のランクが上がるにつれ
言語障害が起こり、視線も定まらなくなりましたが
聴覚だけはしっかりしていて、最後まで意思表示してくれました。

父と息子
普段はなかなか優しい言葉もかけられず
看護のほとんどは母親任せでしたが
臨終までの一週間は毎晩付き添いました。

そして最後の夜
珍しくスムーズな寝息を立てている父に 「オヤスミ」と声をかけ
(自分が)簡易ベットに入ったとたん、室内に静寂が訪れました。

眠るように亡くなった父
最後まで家族を気遣ってくれましたね

葬儀には多くの方が弔問に来てくださり
たくさんのお言葉を頂戴しました
日を追うごとにあなたの偉大さを痛感しています。

初七日も過ぎ
雲の上から「そろそろ気合い入れろ!」との声が聞こえてきそうです

そんなわけで店もブログも再開します!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ