« 親切なネーミング | トップページ | 14組の新年会 »

2010年1月 7日 (木)

百日法要

今日は昨年の9月30日に逝去した父の
百日法要でした。

菩提寺の若住職様にお越しいただき
父の兄妹と義姉、そして母と私の5名
ほんの内輪だけでの法要でしたが
お経の後若住職様が
「今のお気持ちをお一人ずつお話下さい」と促され
それぞれに立場で
夫であり、弟であり、兄であり、義弟であった父への思いを語りました。

誰もが最初は静かに話し出すも
途中から感極まり涙が止まりません。
しかし話し終わった後は、なぜか心が穏やかになりました。

若住職様のお話では
「100日法要とは「家族を失った辛さ」との別れの法要である」
「亡き家族の思いをこれからの人生に生かしてください」とのこと

私より一回り若い住職様ですが
いい話を聞かせていただきました。




« 親切なネーミング | トップページ | 14組の新年会 »

コメント

私も母を亡くし つい先日、お寺で百日法要をしていただきました。なかなか寂しい気持ちが消えませんが 彼岸入りの今日 母に夢枕で叱られました。おそらく迷わずに今の道を行きなさい。すんだことはかたずけなさいっと言っていたようでした

寂しがり子様 コメントありがとうございます。
暮れに お母様を亡くされたんですね。

故人の良い思い出ばかりが残り
生前に、ああしてやれば良かった
こう接すれば良かったとの思いに駆られる毎日かと存じます。

時間はかかるかと思いますが
親の死を乗り越え、成長することが一番の供養になると信じています。

だから  一緒に頑張りましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百日法要:

« 親切なネーミング | トップページ | 14組の新年会 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ