« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

名勝負 堪能しました

今日の女子フィギュア
凄かったですね~
キム・ヨナ選手の完璧な滑り
使い古された言葉ですが「精密機械」のよう
そして、浅田選手は残念ながら銀メダルとなりましたが
まだまだ伸びていける余地がありそうに見受けられました。

物事、何でもそうですが
頂点に達すると、その地位を維持し続けるのは至難の業です
しかし、まだ不得手なこと、やり残してことがあったとしたら
その頂をさらにあげ続けることは可能なはず。

浅田真央とキム・ヨナ選手
聞けば、誕生年月や家族構成も同じとのこと
そしてライバルであると同時に親友でもある2人
さらに上を目指し、切磋琢磨して欲しいと思います。

今回の2人の名勝負は歴史に残ることでしょう
そして、その純粋な凄さに胸打たれた人も多いはず

いろんな意味で 
いろんな人に元気を与えてくれた2人に
感謝です。

2010年2月25日 (木)

全面禁煙に思う

「厚生労働省が公共施設内の全面禁煙の要請を通達」
とのニュースが出ました。

あくまでも努力義務であり、罰則規定はないものの
ホテルやレストランはもちろん、パチンコや麻雀などの娯楽施設
小さな飲食店や居酒屋まで、およそ不特定の多数・少数かかわらず
人が集う場所の全てが対象となるとのこと。
3年前に卒煙(タバコを卒業の意味)した私はこのニュースを複雑に受け止めました。

まず、子供たちの将来や国民全体の健康面からその英断を歓迎するも
今後さらに強まるであろう禁煙者に対する、金銭(税)的・精神的迫害が気になります。

「発ガン性物質を本人はもちろん、周りの人にも強制摂取させるすタバコは百害あって一利なし。だから増税のターゲットにしてもよい。増税することが禁煙の後押しにもなる」
なんて考えからか、JR(旧国鉄?)の負債返済に使われたりしましたが
本当に国民の健康を考えるのなら(増税分を)禁煙対策に使用するのが筋ではなかったでしょうか?

それと、今回の要請を機に
喫煙者の人間性や人格まで否定する傾向が、ますます増長することを懸念します。
(結構いるんですよ!喫煙者を見下して発言する「健康オタク」的人種が)

非喫煙者にとってのタバコは、文字通り「煙たい存在」ですが
喫煙者はある意味、国の曖昧な施策や方針のため作られ、取り残された哀れな薬物中毒者なんです。(私も30年間そうでした)
公共施設内の全面禁煙を打ち出すのなら、タバコを嗜好品から発ガン製品と認定し直し、国を挙げての撲滅(禁煙)運動も平行して行うべきだと考えます。

2010年2月24日 (水)

いい勝負

何がいい勝負かというと、浅田真央とキム・ヨナ選手のフィギュア対決
手に汗握って見てました。

同い年で体格も似ている二人
本当にいいライバルです。

そして凄い精神力

スポーツ観戦をしていて
選手達の身体能力に驚くことは多いけれど
フィギアスケートほど精神力のウエイトの高い競技はないのでは?

フリー演技の順番は今日と反対で、キム・ヨナ選手が先です。
歴史に残る名勝負となることは間違いないでしょう。

2010年2月23日 (火)

もうすぐ中学生!

ここ数日のお天気で
家の周りの雪がどんどん消えてゆきます。

朝方には小鳥のさえづりも聞こえ
春の近いことを実感する今日この頃
小6の娘の中学進学の準備が進んでいます。

そう!もうすぐ中学生なんです。←ちなみに芸人の「もう中学生」も長野市出身

3番目の子ですので、何事も落ち着いて対処できる半面
卒業や入学等、人生の節目に立ち会う際に感動が薄くなることは否めず
チョットかわいそうな気がするのは、私が一人っ子で育ったからでしょうか?

何事も(親子)で初体験の連続でしたので・・・

2010年2月22日 (月)

筋肉痛

昨日、末娘と行った2年ぶりのスキー

嬉しかった! 楽しかった!

でもその代償?として、今日は朝からひどい筋肉痛・・・

「翌日に出る筋肉痛は若い証拠」と、よく言われますが

明日さらにひどくなったらどうしよう?

2010年2月21日 (日)

娘とスキー

201002211202000 本日は定休日
一番下の娘(小6)と一緒にスキーに行ってきました。
場所は車で約15分の東急リゾート・タングラムスキーサーカス。
夏は周辺一帯がゴルフ場になるリゾートホテルですが、冬に(スキーに)行くのは初めてです。

夏の記憶では、短いコースかと思いましたが、頂上から下るコースは思ったよりロングで、急斜面、緩斜面のバリエーションも多く、充分に楽しめました。

家族で行動することが多い我が家ですが、今日は初めて末娘と2人だけのスキー
中学生になると、父との行動も煙たがられるだろうな?
今日が最初で最後かな?などと思いながら大切に時間を過ごしました。

天気にも恵まれ最高のリフレッシュ休暇となりました。

2010年2月20日 (土)

明日は定休日

当店の定休日は、毎月第1第3日曜日の2日です。
以前は町内3店の同業者さんに合わせ10日20日だったんですが
会社員のカミさんや子供の休みに合わせ日曜日にしました。

しかし、最近は日曜休みの商店が増えています。
昔なら「もったいない、休みでみんな家にいるのに商機を逃して・・・」と考えましたが
最近は「休みでみんな(町外に)出掛てしまうから休んじゃえ!」となってきたみたいです。

以前、信濃町商工会青年部で行った「信濃町商業調査」では
戦後生まれの町民の免許取得率が限りなく100%に近く
それと共に町外での買い物率が高いことも報告されていました。

我が家も統計的に日曜の来店客が少なく
日曜定休も考えていますが、月4日は休めません。
そこで思いついたのが第2第4日曜を訪問日にあてること。
現在でも無料サービスとして
「(商品を)届けます・(点検調整に)伺います・お迎えに上がります)」を実施していますが、時間に追われ腰を落ち着けてお話を伺うことが出来ません。

戦前生まれの、いわゆる高齢者の方はいろんな意味で交通弱者です。
そんな方の元へ、時間を気にせず出長調整や訪問が出来れば喜ばれるのでは?
そんなこと考えながら日曜日の利用法を検討しています。

2010年2月19日 (金)

飛べ!高橋!

今日行われた男子フィギュアスケートのフリー演技
ご存じの通り、高橋選手が見事銅メダルを獲得
男子選手としては初めてとのことで喜びも倍でしょう

幸いにも仕事の合間にライブで観戦できたんですが
朝の練習で4回転を失敗したと聞いていたのと
小田選手の転倒とアクシデントの後だったので
ドキドキしながら見ていました。

そして演技開始直後、いよいそ4回転ジャンプの瞬間
テレビを見ていた誰もが心の中で叫んだと思います

「飛べ! 高橋!」と・・・

しかし、残念ながら転倒するも
心が折れることなく後半は、完璧な演技をこなしました

競技終了後のインタビューでは
「4回転は決めていた、転んでも立て直せるだけの練習は積んできた」
「(4回転ジャンプを封印することなく)攻めてメダルを目指したかった」
とのコメントに胸を打たれた方も多いでしょう。

そう、3回転を飛んで順位をあげても
きっと悔いが残ったでしょうね

よくやった!高橋選手
日本男児の面目躍如!

なんか横綱問題とか 服装問題とか 
もやもやしていたものが吹き飛んだ気がします。

 

2010年2月18日 (木)

締め切り

毎月20日は特売日!じゃなくて
昨年からチラシづくりなどを目的に参加している
「(商売人の)作文教室」の原稿締め切り日

常日頃から天性の「先延ばし能力」を発揮しているため
今月もまたラスト3日で宿題を仕上げています。
(校正に飽きたのでブログの方に逃げてきました)

作文といえば、最近の小学生はほとんど書きませんね
昔は遠足や運動会の後は必ず書きましたし
「読書感想文コンクール」なんてのもありましたよね

「習った漢字を使おう、きれいに書こう、読む人を意識して書こう」

そんなこと言われながら原稿用紙のマスを埋めた記憶がありますが
我が家の子供たちは日記は提出しても作文の宿題はありませんでした。
さらに読書量も少ないものだから文章問題が苦手
そして、普段の会話も意味不明

子「お父さんは小さい頃どうだった?」
私「何が?父は金属じゃないぞ 銅ではないぞ」
子「オヤジギャグ 寒ーっ。そうじゃなくって、勉強できた?」
私「何の勉強?」
子「算数とか」
私「とかって?」
子「もーいい!」

さーて 私もそろそろ大人の宿題に戻りましようかね!

2010年2月17日 (水)

カーリングにはまりそう!

オリンピックの話題が続いて申し訳ございませんが・・・

皆さんカーリング競技ってしっかり見たことありますか?
っていうか、ニュースで短く紹介されることはあっても
競技自体放送される機会は少ないのではないでしょうか
でも今晩はじっくり見ました、日本対アメリカ戦

結果はご存じの通り日本が接戦を制したわけですが
うーん カーリングって奥が深い!

相手の進路をふさぐ位置に自分のストーンを置く
中心にある相手のストーンをはじき出す
ブラシで掃いて進路を変える

戦略以外にも刻々と変わる氷上の変化を見極め
それを考慮してストーンを押し出す際の力加減や放つ角度も
微妙なタッチで変えるんでしょうね。

でも今晩、私を釘付けにしたのはストーンを投げる際の
彼女たちの真剣な目でした。
ゲームというより勝負。
武道家達のそれに似た目は凛としていて、日本人女性の気品を感じました。

頑張れ!チーム青森  いや、クリスタルJAPAN!

2010年2月16日 (火)

目立ってましたね!

バンクーバーオリンピックの
スピードスケート男子500メートルで
長島選手が銀メダル・加藤選手が銅メダルを獲得しました。ヽ(´▽`)/

テレビではレースのもようを何度も繰り返し放送していたけれど
我が家で話題となり、注目したのは選手のユニホーム
金色の布地に黒の模様
青・赤・黒を中心とした他国の選手の中で、ひときわ目立ってましたね!

ところで、あの模様は何?
刀のツバのようにも見えるし、昇り竜のようにも・・・
ネットで調べたところ
「力強さを表現するため、蛇を毛筆で描いたデザイン」なんだそうです。

今回のユニホームのデザインには賛否両論あるようですが
マルコポーロが東方見聞録で世界に紹介してくれた「黄金の国ジャパン」なんですから
金色もチームカラーにふさわしいのではないでしょうか?

2010年2月15日 (月)

国母騒動 ちょっと過激では?

バンクーバーオリンピック開会式直前
スノーボードの国母選手の服装の乱れが問題となり
記者会見(謝罪会見)での態度に対しても非難ごうごうです。

でも、私は問題となった空港到着シーンを見たとき
別に違和感を感じませんでした。
それどころか、若者らしい着崩しだと思って見てました。

でも、「国費(税金)が投入されている」
「国を代表する自覚が欠如している」
「スポーツマンにあらざる着こなしである」とパッシングされ続け
開会式の参加を取りやめ、国内での応援も自粛されることになりました。

しかし、その考えの裏にある「日の丸」意識が気になって仕方ありません。
選ばれた人間だから 国の代表だから ・・・・

国母騒動 チョット過激すぎるのでは?

昨年、某大臣に「最低の人間だ!(後日「人間」を「行為」に訂正)といわしめた
SMAPの草薙君の裸騒動を思い出すのは私だけでしょうか?
これで国母選手がメダルでも取れば
それこそ手のひらを返したような態度に出るんでしょうね。

普段は礼儀作法にうるさいオプトパパですが
異常なパッシングに疑問を投げかけてみたくなった今回の騒動です。(頑張れ国母!)

2010年2月12日 (金)

除雪機の故障

P505is0013828328_8 昨晩の天気予報どおり、約20センチの降雪

我が家の除雪機ヤマハ君の登場です!

前回出動後にガソリン補給し、お腹も満タン

エンジンも一発でかかり、いざ除雪開始!

しかーし

オーガ(除雪部:写真では右下の部分)が上がらない・・・

通常は路面の高さや傾きに併せ調節するんですが、レバーが動かない・・・

そんなわけで5時半から7時半までの2時間、人力で除雪しました。(いい汗かきました)

原因は操作レバー内に水が入り凍結したためで、購入先の武ちゃんに連絡したら直ぐ来てくれて無事修理完了!(やっぱりこうゆうものは地元で買わなきゃ!)

これでどんな豪雪も大丈夫!

2010年2月11日 (木)

雪国ですから

夜の天気予報で

「太平洋から湿った空気が流れ込むため、関東甲信越は大雪の恐れ」

と出ており、群馬県から長野県にかけて20~30㎝の降雪予報。

明日は上雪かな?と思っていたところ、画面は週間予報にかわり

「あさってからは西高東低の気圧配置となり北陸を中心に大雪の恐れ」

それを一緒に見ていた高一の娘がポツリと一言

「どちらにしろ、この辺は降るんだ!」

まっ 雪国ですから・・・・

2010年2月 9日 (火)

著作権保護

(信濃毎日)新聞によりますと
ファイル共有ソフト「Share(シェア)」を使って
映画(ゴッドファーザー)を無断でインターネット上に流通させたとして
著作権法違反(公衆送信権侵害)容疑で県内の男が逮捕されたとのこと。

今年1月施行の改正著作権法により、ファイル共有ソフト等を利用しての
違法なデータをダウンロード(受信)も禁止となり、その結果の摘発だそうです。

ところで、同じ著作権保護で最近驚いたことがあります。
それは下の娘(小6)に頼まれ(学校行事で歌う)流行の曲の歌詞を調べたときのこと
パソコンの検索では多数がヒットし、歌詞も全て紹介されていましたが
ページ印刷が出来ず、歌詞部分のコピー&ペーストも出来ません。
PCの故障かな?と思いましたが、よく見るとページの下に

「歌詞の保存、印刷、引用、コピー&ペーストは著作権保護の観点から禁止しています」の注意書きが書かれていて、ちょっと驚きました。
でも、このシステムが早く一般化されると良いですね!(せっかく苦労して撮った商品写真など無断転載されることも防げます。)
無秩序なネットの世界に、モラルを示す道筋が付いたように思いました。

2010年2月 8日 (月)

思い出が消えた日

先週末
同級生が亡くなりました。

竹馬の友であり
子供の頃は何をするにも中心人物だった彼

私より一足早く社会人となり
経営者として、父親としても遙か前を歩んでいた彼

心に穴が開いたというか
楽しかった子供の頃の思い出が消えた
そんな辛い別れでした

心からご冥福をお祈りします。

2010年2月 5日 (金)

何とかセーフ

今日は1年ぶりの人間ドック
目から耳から内蔵から、2時間しっかり調べられました。

結果は昨年同様「ほとんどの数値が上限いっぱい(体重と腹回りは除く)」
つまり、ギリギリの健康体であるとのこと。

運動と食事(特にアルコール)に気遣いなさいと指導を受けましたが
何とかセーフと言ったところでしょうか。

今年は昨年に比べ除雪作業が多かったので
数値の改善を期待してましたが、どうやら甘かったようです。

真冬でも毎日できる(室内)運動
ウーン Wii でも買おうか?

2010年2月 4日 (木)

朝青龍 引退

横綱 朝青龍が引退しマスコミは大騒ぎです。

相撲協会再犯防止委員であるも漫画家の、やくみつるさんは
「もっと早く気付くべきだった」

破天荒な力士「のたり松太郎」を描いた ちばてつやさんは
「やんたちゃな力士は好きだけれど、残念」とコメントしてました。

いろんな意見はあるけれど
これほど活躍していながらパッシングされた力士も初めてでしょう。

先日、横綱審議委員会をやめた脚本家の内舘牧子さんは
最後のコメントとして
「プロのアスリートとしての朝青龍は大大大好き。でも横綱としては品位がない」
とのべていましたが、これが全てかな?

「心技体」
簡単に言うけれど、なかなか難しいことです。

2010年2月 2日 (火)

雪解け後現地を確認し対応

柏原町区が年2回発行している広報誌
「柏原町区だより」に掲載すべく
先日行われた「組長合同会議」の議事録をまとめました。

今回は要望や質問が多かったため
発言内容を正確に記すると従来の倍のスペースが必要となります

編集の都合上、誤解の生じない程度に要約するのですが
「雪解け後、現地を確認させていただいた上で対応および検討させていただく」は
「雪解け後現地を確認し対応」

ほーら半分になったでしょ!

でも、後3段落(500文字)減らさねば・・・
エーイ 来賓の名前のみ列挙して祝辞を削っちゃお!

2010年2月 1日 (月)

初体験?

昨年の暮れから本ブログにも書いてきたように

ニフティとの新規契約にともない
昨日で旧メールアドレスと旧ブログURLが消滅しました。

ブログURLはともかく
メールアドレスの変更は痛かった!

友人知人には変更メールを出したものの
きっと抜けている人がいるでしょう
届かなくなるメルマガもあるでしょうけれど

でも、一番怖いのは商用メールが届かなくなること
インターネット社会にどっぷりつかった為の不自由を
初めて体験しました。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ