« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

親善試合優勝 でも複雑な心境

中1の次女が参加した剣道の親善試合
二つの剣道教室が
小学生と中学生を交互に織り交ぜたチームをそれぞれ3つ作り
総当たり戦の親善大会です。

しかし、人数合わせの関係から
次女を含め3人が相手側のチームに組み込まれ
なんと次女が入ったチームが4勝1分けで見事優勝。

でも彼女の心境は複雑でした
自分の属する剣道教室のチームと対戦しなければならあず
その上、自分のポジションである大将(最後の競技者)戦で
勝敗が決まる試合が二つもあったのですから

小さな葛藤はあったでしょうけれど
頑張ってその役割をはたしました。

当然今夜は乾杯!

優勝もそうですが
ちょっぴり大きくなった次女にも
改めて乾杯!

2011年2月23日 (水)

頑張れます!

先日受けた人間ドックの結果が出たので
今日は主治医の先生から説明を聞きました。

結果はおおむね健康
ただしコレステロール値が高いので要注意とのこと。
「もう5㎏痩せられると数値がかなり下がるんですが・・・」

ここ数年、耳たこのアドバイスですが
今年は真摯に受け止め努力してみようかな?なんてね!

とにかく無事で何より 
また一年頑張れます。

2011年2月22日 (火)

100円ショップで

混んでいるスーパーなどで、どのレジに並ぼうか?と迷ったときは
レジ前の人数と、(並んでいるお客さんの)買い物カゴの中身を計算し場所を決めていますが
従業員さんの丁寧さとか、お金の受け渡しとかで差が出るため
予想通りスムーズに会計できる確率は50%程度でしょうか?

そして、先日買い物をした100円ショップでも同じような
それでいてホンワカした経験をしました。

その時、すいているレジには高齢者のご婦人と中年のご夫婦の3名がおられ
その後ろに付こうとしたら「どうぞ」との仕草をされ、ご夫婦が後ろに下がられます。
不思議に思いながら2番手で並んでいると、前のご婦人がゆっくりとした動作でお金を並べ始めました。
100円ショップですので計算も簡単で、会計は直ぐに終わりそうですが
どうやら釣り銭のいらないよう小銭を探しておられる様子。
30秒ほど待っていると、後ろのご夫婦がスッと前に出て会計を手伝い始めました。

そう、親子さんだったんです。
でも、おばあちゃんが「私が払うから!」と強引に並んだわけではないようで
その表情から察すると(ご夫婦が)おばあちゃんの認知症防止のため優しく見守られていたようです。
でも、支払い時間が何十秒も止まったものだから私に気兼ねして手をさしのべたのでしょう。

普通こんな場合は、家族の方がさっさと支払うとか
場合によれば、多少声を荒立てて急がせたりするケースも多いと思いますが
このご家族の場合は非常に優しく接しておられ、レジ待ちの時間が決して不快ではありませんでした。

以前テレビで、高齢者の方があわてたり、急がなくてもすむ社会の必要性が報じられていましたが
実際目の前にして非常に心が穏やかになりました。
100円ショップでありながら、非常に得難い体験をしました、

2011年2月21日 (月)

学び時

来月15日の確定申に間に合うよう
帳簿の整理(正確にはパソコン入力)真っ最中です。

学生時代に頑張って日商簿記2級を取ったものの
眼科の検査員などしていて、経理の仕事に携わらなかったら
家業を継いだ頃には仕訳科目などすっかり忘れてしまいました。
(でも、運良く「会計ソフト」が出始めていた頃だったので何とかなりましたが)

そこで得た教訓は
「必要の生じた時が学び時」ということ。

そんなわけで、只今決算と平行し
ホームページのバージョンアップと集客に向け勉強中です。
SEO対策にバナー広告
いや~難しい!

2011年2月19日 (土)

スコップに二本のアンテナ?

今年の冬は日本海沿線での降雪が多く
富山から山陰、あるいは新潟から山形方面でドカ雪が降り
テレビでは毎回(おきまりの)雪下ろしの映像を流していましたが
あるニュースを見ていて驚いたことがあります。
それは、雪下ろしをしている人のスコップの形状。

スコップの先端から二本のアンテナのようなものが出ているんです。
つまり、こんな状態 (初イラストです。笑わば笑え!)

Cocolog_oekaki_2011_02_19_17_44


このまま雪の壁に真っ直ぐに差すと、ちょうど豆腐を切るように
一度の動作で左右と真下、三方向の雪に切れ目が入ります。

通常は雪の塊を崩さないよう
スコップを3回抜き差しして雪のブロックを作り、投げ下ろしているので
この道具を使えば、かなり効率的に雪下ろしができます。

どこで売ってるんだろう?と思いネットで調べてみましたが出ていません。
個人の方の工夫でしょうか。

そういえば以前、軽量化を目的にして(だと思うんですが)
丸い穴がたくさん開いた鉄のスコップを使っている人も見ました。
(土や水はすくえないけれど、雪なら大丈夫です。)

雪国の人の知恵なのか、あるいはアイデア商品なのか
感心してしまいます。

2011年2月18日 (金)

信越線の今後

今日の地元紙に
「信越線の今後」について掲載されていました。

数年後、長野新幹線が北陸経由で開通した後は
平行在来線となる「信越線」は廃線となり
第三セクターの「しなの鉄道」が後を引き継ぐことがほぼ決定されたようです。

従来通りに通勤通学車両が動くのか?
観光シーズンはどうするのか?地元の負担は?等々不安です。
今後の動向に注目していきたいと思います。

2011年2月16日 (水)

三月の陽気

日本列島が大きな高気圧におおわれ
当地でも三月を思わせる暖かい一日でした。

昨日降った30センチ以上の新雪もグッと圧縮され
軒先の雪は音を立てて落下します。

天気予報によると今週は「降っても雨」
どうやら二度目の雪下ろしは免れそうです。

2011年2月15日 (火)

バレンタインデー そのに

昨日のバレンタインデーの夕飯は思わぬサプライズ
食卓には焼き鳥や刺身が並び
誰かの誕生日みたい

私と息子には女性陣から高級チョコが贈られ
辛党の私には日本酒のダブルプレゼント
結局チョコはみんなのデザートになりましたが
ここまで盛り上げられるとホワイトデーのお返しに悩みます。

ところで食後、娘の友人の(お母さんの)ブログの話が出て
ついでに「父もバレンタインデーのネタで書いたぞ!」というと
早速パソコンを開き一読してから一言

「『頑張った女の子の数だけドラマがある』て書いてあるけどもっとあるよ!」
「もっとって?」
「期待してたけどチョコレートをもらえなかった男の子もカウントしなきゃ!」

なるほど・・・

2011年2月14日 (月)

バレンタインデー

今日はバレンタインデー

今のところいただいたチョコは
姪から一個
問屋の女性陣から一個
あとは二人の娘と嫁さんから来るかどうか・・・

義理チョコ 友チョコ 本命チョコ
最近はクッキーなどのスイーツも流行っているようす。

でも、今日この日のために本気で頑張った女の子がいて
その子達と同じ数の男の子がいて
そして今日一日
日本中でたくさんのドラマがあったんだと思うと
なんか いいなーって感じ。

心も体も、ちょっと暖かくなります。

2011年2月13日 (日)

補聴器の調整

補聴器の調整はいわゆる「ブラックボックス」的?作業です。
お客様の状態や反応を見ながら少しづつ出力音を変えていきます。

お客様主導で音あわせをすると(静かな音を好まれるため)
せっかく補聴器を装用されても会話が聞き取れない場合が多いので
まずは一対一で会話ができる音量と音質をベースにして時間をかけて調整します。

メガネの場合、不自由の度合い(視力)が数値化しているため
お客様も我々も共通の認識(0.7あれば免許が更新できるとか)で度数を決められますが
補聴器の場合各周波毎の聴力レベル(どのくらい小さな音が聞こえるか)を調べ
聞こえにくい周波数を強調するような音作りをしまが
その改善度は数値化できず、お客様にしかわかりません。

でも、今日2週間点検でおじゃましたお客様は
「(家族と)話もできる!テレビも見られる!」と非常に喜んでおられ
また、ご家族の方からも感謝のお言葉を頂戴し
ブラックボックス調整は最短で完了(通常1ヶ月~3ヶ月かかります)

「視力の低下は主にご本人様の不自由」
「聴力の低下はご本人様とご家族、そして周りの方全員の不自由」

補聴器販売はやりがいのある仕事です。

2011年2月11日 (金)

元気もらいました!

本日は子どもさんのメガネご購入のご家族と
同じく子どもさんもメガネの点検調整で
二組のご家族が同時にご来店になりました。

お父さん、お母さんが3名、子どもさんが4名の合計8名
それは賑やかなこと

店の中をキョロキョロ見渡しながら
キャラクター時計を手に取りったり
消毒用のアルコール自動噴霧器が気に入ったようで
何度も「シューッ」と音をたて上手に手を洗っていました。
また、接客用カウンター「ご自由にどうぞ!」と書いたケースに
常備おいているキャンデーをめざとく見つけ「食べたいな~」

どちらかというと高齢者のお客様の多い店ですので
若いご夫婦、お子さんは大歓迎。
小さな子どもさん達のキャッキャした声から元気もらいました!

2011年2月10日 (木)

なごり雪

明日からの3連休は上雪とのこと
天気予報では四国地方でも雪が舞うそうです。

雪国なら一晩に30センチぐらい降っても驚きませんが
雪と無縁の地方では5センチの降雪でも大変とか

都会での雪と聞くと
頭の中には「名残雪」という言葉が浮かび
「♪汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる」のフレーズを思い出します。

35年以上も経ち、まだ歌い継がれている名曲ですが
私にとっては別れの曲というよりも
春を感じる曲であります。

2011年2月 9日 (水)

頭上注意

築50年の旧宅はもとより
一昨年に新築した新居の屋根にも
氷の分厚い層ができています。

居住空間の暖かい空気が上昇して屋根を暖めるため
降り積もった雪が溶け
溶けた水が屋根の先端に集まり
それが氷点下の外気で冷やされるためできる現象です。

しかし、ここ数日のように気温が上がったり
お天気が続くと屋根の氷がゆるみ
次々と落下していきます。

氷の厚さは5センチから20センチ。
万一その塊が頭に当たれば大怪我します

雪庇を切る道具を使い
なるべく人為的に落とすようにしていますが
雪国では雪が降れば足もとに注意し
気温が上がれば頭上注意です。

2011年2月 8日 (火)

すぐやればいいのに・・・

自分が言い出しっぺの「駅前広場の雪像?」を作り
区の広報の原稿(先日行われた懇談会の内容)を完成させ
商店会の総会資料を作り終え、ようやく一段落しました。

さだまさしのトークによく出てくる「A型人間(血液型)」の特徴を
おおむね持ち合わせている自分としては
「人の目に付く仕事は手抜きしない(きっぱり! )」主義ですので
上記のような作業や資料作りには、それはそれは気合いが入ります。
そして、そのしわ寄せが多方面にわたることは目に見えているのに・・・

今月の大仕事として、残るは帳簿の整理。(20日に税理士先生ご来店  )
知人のこんな言葉が身に染みる年度末です。

「すぐやれば すぐ終わる 後まわしにすると なかなか終わらない 」Byたけゆきさん

2011年2月 7日 (月)

何気ない一言が

Img_1314_1お客様にお届けしているニュースレターに
子供の頃のいたずらや思い出を書いた際

「駅前広場の雪を見るたびに「何か作りたいな」と真剣に思うオプトパパです。(さすがに「落とし穴」は自粛しますが、雪像とか滑り台とか・・・誰か一緒に作りませんか?)」

と記したところ
手を挙げていただいた方が3名おられ
Img_1324_1くやら嬉しいやら

そこにオプト家の5名が参加し
総勢8名で3時間かかってできた作品が
これです。

卯年に合わせたミッフィーが
途中からトトロに変わったりと
色々アクシデントはありましたが
なんとか形になりました。

Img_1319_1 そして、これが私とカミさんの自信作
ゴロピカドン?
そうそう角がチャームポイントの・・・

じゃないでしょ
キティちゃんでしょ!
(店にあった目覚まし時計参考にしました。)

来年はコンパネで四角柱を作って
削りだしに挑戦しようかと思います。

2011年2月 4日 (金)

節分

皆さんのお宅では
節分の晩に何を召し上がります?

いわし?恵方巻き?
我が家(たぶん当地の多くの家)では昔から芋汁(トトロ汁)です。
すり鉢で自然薯や長芋をゴリゴリする音で鬼を追い出すんです。

でっ 豆まきはというと
一升枡に落花生と、なぜかお菓子やチョコレートを入れ(これは我が家だけ?)
神棚に備えてパワーチャージ!
各部屋の窓を開け「鬼は外!福は内!」

今年一年の無病息災を祈りました。

2011年2月 2日 (水)

テープ起こし

先日行われた「柏原町区組長合同懇談会」の議事録作成のため
録音テープ(実際にはボイスレコーダー)の内容を文章化しています。
いわゆる「テープ起こし」です。

地区の代表者の質問や要望に対して
行政担当者が答える形式で
その要約が区の広報に掲載されるため神経を使います。

2時間半の懇談会中
35件の要望と5名の来賓挨拶
3日、延べ15時間かけようやく完了!

2011年2月 1日 (火)

今日から二月

今日から2月
でも、色んな会議が予定されていて
そこで使用される資料づくりも任されていて
大変な月になりそうです。

ぼーっとしてると
あっという間に月末(今月は短いです)
計画的に過ごしたいと思います。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ