« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

明日から2月

一月も今日で終わりです。
気がつけば
ブログの三分の一以上が「雪」関係の内容でした。

そして明日から二月
節分・立春・人間ドック検診・バレンタインデー・商店会総会・セミナー受講
ニュースレター発行と1月より忙しくなりそうです。

気分を入れ替え頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

除雪機のトラブル

土曜、日曜とフル稼働してくれた青い除雪機。

そして今朝も20センチ以上積もったため
「明るくなる前に片付けちゃおう」(車がヘッドライトを点けてくれた方が安全に除雪出来るんです)
そう思いエンジンをかけようとしたところ
セルモーターは正常に働くのに
エンジンがすぐに止まってしまいます。

「ガソリンは満タンだし・・・どこかが凍っちゃた?」
「オイル漏れ?」
いろいろなことを考えながら取説を探し出して読むも
トラブルに対応した記述がありません。

20分後
再びトライすると10秒ほど動き、そして止まりました。
でも、この状態はガス欠そっくり

そこで思い出したのが昨日の燃料補給の際の出来事
燃料キャップが妙に堅かったんです。

そこで再度キャップを外し、ゆっくり締め直し
再びエンジンかけたところ
小気味よい音を立てエンジンがかかりました。

つまりキャップが堅く閉まりすぎて
タンク内に空気が入らずに真空となり
燃料が循環しなかったんです。

わかって良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

突然の訪問者

大雪のため信越線のダイヤが乱れた昨日
我が家にはたくさんの学生が緊急避難してきました。
(駅の寒い待合室で待つより、駅前にある「同級生の暖かい家で過ごしたい」ということです)

高一の長男の同級生が4人
高三の長女の  〃 が2人
我が家の子どもを入れると男子3名女子6名

久しぶりに見る同級生の子ども達は
すっかり大人びていてビックリしました。(特に女の子達)

30分おき駅まで運行状況を確認に行ってましたが
豪雪による運休、そして駅での足止めという非日常的なトラブルに
どのように対処して良いのか迷い、相談していましたが
それも又良い経験です。

なんか いいなー 初々しくて

そう思いながらも突然の訪問者に
なぜかドキドキしてしまったオプトパパでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

雪の吸音効果

昨晩は静かな夜で
11時を過ぎても雪の降る気配がまったく無く
朝も除雪車の騒音が聞こえなかったため
6時までぐっすりと休みました。

しかーし

玄関を、開けてビックリ玉手箱(←オヤジで結構!)
30センチを優に超えるドカ雪でした。

そう
あまりの積雪のため雪が様々な音を吸収したんです。
だから普段なら遠くまで響く除雪車の音(特にバックする際の警戒音)が
雪の結晶の小さな隙間に閉じこめられ聞こえなかったんです。

天気予報では、今日も夜遅くから降り出すとのこと
明日は1時間早く起きて作業したいと思います
そして、頑張った週末の夜は(サー皆さんご一緒に!)

そうだ ビールを飲もう! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

今が旬

お客様の告別式に参列した際
中学時代の同級生と再会しました。

前回会ったのも告別式でのこと
「最近はすっかり「ご学友ならぬ○○(←葬儀会場の名称)友」になってしまいましたね。」と、後からメールが来ていましたが
時間を示し合わせたわけでもないのに不思議とよく出合います。

ところで、先週末から同級生と会う機会が多く
それぞれの立場や環境の変化
そして肉体の変化(←特に老眼が顕著)を知るにつけ
みんな決して若くはないけれど「今が旬」という感じがします。

卒業して30年以上経ちましたが
みんな根っこは一緒で本質的には変わらないものの
経験を積んだ分だけ魅力が増しています。

「男の顔は履歴書 女の顔は・・・」という
大宅壮一の言葉を思い出した
ここ数日の旧友との出会いです。


(ちなみに、女の顔は領収書だそうです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

大忙しの週末

18日のブログに書いたように
今春大学に進学する長女の部屋探しに
松本までいってきました。

しかし、松本といえば、その近郊に中学の同級生が3名いて
その3人が奇しくも21日に「新年会」をやるというので
娘の部屋探し前日
私は松本駅前の小洒落たスペイン居酒屋で飲んだくれてました。
(4人でワインボトル3本は記録です)

その晩は同級生の一人「ヤッシ」んちに泊まり
翌日の昼に娘と合流し不動産屋へGO!

友人知人のアドバイスのもと(○原さんお世話になりました)
ネットで当たりを付けておいた家具付きの部屋を見学し
最終的に仮契約をしたのが夕方の6時、実に4時間かかりました。
(駅にも近い二階部屋で住みやすそうです)

そんなわけで(←どんなわけだ)
怒濤の週末は過ぎましたが
娘の預金口座開設やその他諸々の手続きが残っています。
頑張るぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

上雪

東京を含め、関東近郊で初雪が降りました
(昨年より10日ほど遅いとか?)

長野県でも中南信では20センチの積雪を記録し
いわゆる上雪です。

そんなときは得てして
豪雪地帯では逆に気温が上がるもので
屋根の雪も(見た目上)かさを減らし
軒先の雪庇を落とすチャンスです。

天気予報では
来週には再び寒波が襲来するそうですので
気候の穏やかな日に
用具の点検や除雪車の整備をしましょかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

ダルビッシュ騒動

日本ハムファイターズのダルビッシュ有選手の
米大リーグのレンジャーズへの入団が決まりました。

ポスティングシステムのため他の球団と交渉することも出来ず
入団か破談かの二択しかありませんが
期限3分前に何とかまとまり、
朝の7時にはテロップが流れると同時にキャスターが契約成立を伝えてましたね。

確か旧近鉄の野茂選手から始まった大リーグへの挑戦ですが
その後続々と選手が挑戦し
引退した選手も含め50人近くの大リーガーが誕生しています。

日本人の頭脳流出に続く有力選手のメジャー行きですが
巨人の原監督(←私と同じ年)が
「日本男児ここにありというところを見せ、大いに暴れてほしい」
とコメントしてましたが、ダルビッシュ本人はハーフ。
果たしてどう受け止めたことでしょう?(笑)

契約内容やプライベートの件で騒がれてはいますが
ワールドベースボール大会で「日の丸」を背負ったことを忘れず
頑張ってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

部屋探し

4月から松本で大学生活をスタートさせる
長女の部屋探しが始まりました。

大学周辺に勤務していたり
松本に子どもさんを住まわせている友人のアドバイスを参考に
学校の近くがいいのか?
はたまた(生活しやすい)中心市街地にすべきか?

ネット上では、たくさんの物件が紹介されていますが
やはり周辺の環境や部屋を見てみなければネ!

そんなわけで今週末
入学説明会に参加する娘と一緒にショップ巡りをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

久しぶりのお天道様

久しぶりに除雪のいらない朝
そして、久しぶりのお天道様

植物のように葉緑素があるわけではないけれど
太陽の光りを浴びると元気が出てきます。
(古代からある「太陽崇拝」も納得できます)

天気予報ではしばらくの間
寒気が緩むとのこと

ちょっとリフレッシュしましょうかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

豪華客船の座礁

イタリアの豪華客船コスタ・コンコルディアが座礁したと
大きく報道されています。

昼の特番では
100年前に氷山と衝突して沈没したタイタニック号と比較してましたが
船体の大きさや豪華さは近似しているものの
大きく違うのは船長はじめ乗組員が客より先に避難したこと

本来なら一番最後まで残るべきなのに・・・

他国の事ながら憤りに耐えません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ドンド焼2012

小正月の行事
どんど焼が行われました。(写真のシルエットは次女)

お正月に使った門松やしめ縄、お守り、破魔矢、「だるま」などを
持ち寄って焼き、その火にあたったり、餅を焼いて食べて
無病息災を願います。

子ども達も「書き初め」を持ち寄り
高く燃え上がれば字が上手になるといわれていますが
最近は子どもも少なく、今晩燃やしたのはうちの次女だけでした。

でも、「じいさん・ばあさん」二つの櫓を建て
当日は周辺の除雪と参加への接待
(大人は御神酒、子どもや女性にはミカンやお菓子が配られます)
そして最も重要な火の始末をしていただく
関係者の皆さんには心より感謝しています。

20120115_006800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

ようやく晴れ間が

昨日降り続いた雪もよるにはやんで
今朝はようやく太陽が顔を出しました。

50センチ以上の積雪だったので駅前通りを写してみましたが
どうもイメージが伝わりません。

20120112800

そこで
我が家の裏庭のビフォー&アフター?

昨年の初雪の写真

20120112001800

そして今日の裏庭

どんなもんだい!

20120112_002800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

エンドレス除雪

「この冬一番の寒気が近づいています」
「午後から明日にかけ雪が降るでしょう」

朝からそんな天気予報を聞いてはいたものの
午後三時からの1時間だけで30センチの降雪です。

店先から除雪を始め
店舗奥の玄関先 
駐車場

雪をまとめて
除雪機で飛ばすこと1時間
ふと店先を見ると
再び10センチ以上積もっています。

エンドレス除雪
ダイエットにはもってこいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

これが青春?

長女(高三)の同級生のお母さんが来店

お互いの娘の進路について話をするも
「これからは親でさえも先が見えない、読めない」
というのが共通した認識でした。

昔なら「何になりたい」「どのような仕事に就きたい」
から始まる進路選択でしたが
娘達が卒業する4年後の日本はどうなっているのだろうか?
そう考えると親も(アドバイス等)慎重にならざるを得ません。

でも新年を迎え
残り少ない高校生活を惜しむかのように
早起きして朝一番の電車で通う姿と
夕食の時に新生活への期待と不安を笑顔で語る娘に
大人になった驚きと無限の可能性を感じます。

これが青春やつでしょうか?
三十数年前の
怖い物知らずだった自分を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

2012年の雪下ろし

今シーズン最初の雪下ろしです。
とりあえずウオーミングアップで
30分ほど作業した後一休み

067800_4 

太陽が昇り
屋根の上の私の影が
お隣の壁に映っていたので思わずパチリ!

069800_2

家族総出で6時間
たいへん?と言えばたいへんですが
全員そろっての労働は結束力を高めます。

そして終わったときの充実感

また今回は息子も除雪機の操作を覚えたので
後は経験だけ。
次回は除雪機を遊ばせない分
作業ははかどると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

19歳は無料!

聞くところによると
近隣のスキー場では今シーズン
「19歳のスキーヤー・ボーダーのリフト券は無料!」だそうです。

なぜ?というと
ウインタースポーツは年齢が上がるにつれ
その競技?(参加?)人口が減る傾向にあり
高校卒業後の19歳がターニングポイントなんだそうです。

つまり、19歳でスキーやスノーボードをされている方は
その後も長年楽しまれる・・・

だから19歳の方に的を絞った企画で
ウインタースポーツ人口の増加
ひいてはスキー場や関連施設の集客を目的としたプロジェクトなんですね!

月並みなイベントで集客を目指すのではなく
お客様の特性を考慮してのピンポイント作戦
我々商業者のマーケティングにも似た手法ですので
とても興味深く思い、そして結果を期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

2012年の抱負

昨日先送りした今年の抱負ですが
「仕事を先送りしない」はすでに挫折したので(←ハヤッ)
「使った物を元の場所に戻す」じゃ~なくって(でも、これも大事)

「自己管理」です!(一応イチローが目標です)

今年は手帳を上手に利用して(既に先月から実施中)
毎年のように仕事に追いかけられぬよう
プライベートの時間も捻出させようと思っています。

「まずスケジュール表に楽しい事(自分の時間)を書き込んじゃうんだよ」
「それを励みにその日までに仕事を片付けちゃうのさ!」

これは、仕事も趣味も充実させている友人の一口アドバイス。
そうだね!時間は作り出すものだものね!

そんなわけで
今年は家業も創業50周年の節目の年です。
公私ともに充実した一年にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

仕事始め

今日から仕事始め
そしてブログの書き初め
今年1年よろしくお願いします。

元旦は
ニューイヤー駅伝観戦しながら酒まみれ

二日三日はカミさんの母親の喜寿祝で
諏訪まで行ってきました。

諏訪大社の鳥居です。

018

結氷した諏訪湖畔です。

写真左下の学生3人が「チキンレースしよう!」といって
かなり沖まで行きましたが無事でした(←ハプニングを期待してた私)
いいなー若いって!
バカだなー男の子は(笑)

065

昭和三年に日本の代表的製紙業者の片倉家が
地元の人々の福利施設として建築した「片倉館」です。
内部は温泉浴場となっており深さ一メートル以上の浴槽が特徴です。
立って入浴できることから「千人風呂」とも呼ばれています。

ところで今年の抱負は・・・明日のブログをこうご期待
(↑新年早々先延ばし)

082

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »