« 人生の扉 | トップページ | たかが2センチ されど2センチ »

2019年4月 9日 (火)

雪は残っているけれど

「雪溶けて 村いっぱい こどもかな」

郷土の偉人、小林一茶の有名な句です。

今日の駅前広場(正式名は「一茶ふるさと広場」)には
昨晩の雪が残っていましたが
それでも保育園児の元気な声が響いていました。

Img_9323800

子供は国の宝です。
もちろん町にとっても

« 人生の扉 | トップページ | たかが2センチ されど2センチ »

コメント

いいですね、子供は宝

元気な声がして俳句の映像が

写真をとして伝わります。

俳句の奥深さも

シェルパ頭さん コメントありがとうございます。

いぜん「子供の歓声は騒音」として
保育所建設に反対する住民がいるとのニュースを見ましたが

そんな方々にこの句を知ってもらいたいですね
(晩年はそんな子らに助けられるのですから)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の扉 | トップページ | たかが2センチ されど2センチ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • 生田アナとのツーショット
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

無料ブログはココログ