« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

明日から二月

一月も今日で終わり、明日から二月です。
ブログを改めて読み返してみると天気の記事が多く
近年になく暖冬少雪の年始めだったことを表しています

しかし、このように例年と違う毎日を送ったせいか今月は長く感じました。
「年を取るほど時間が早く経つ」というのはジャネーの法則と呼ばれ
単調な生活が時間感覚を麻痺させるそうですので、その逆の日々だったのでしょう。

また、本ブログも土日以外更新を続けられましたので
それによる「毎日の振り返り」も生活の変化に結びついたのかもしれません。

来月は東京への出張も予定されており
新型コロナウイルスの感染も心配ですが元気に過ごしたいと思います。

2020年1月30日 (木)

暖冬を実感しています。

お隣の
妙高市のお客様からいただいたネコヤナギ
春の小川のせせらぎが聞こえてきそうです(←ポエムだな~)←山城新伍かよ!

Img_9809

先週カミさんが
実家(町内)から採ってきたフキタンポといい
今日いただいたネコヤナギといい
本来なら3月の風物詩

記録的な暖冬を実感しています。

 

 

2020年1月29日 (水)

うがい手洗いマスクの着用

中国だけの流行かと思っていたら
日本でも武漢や中国からの旅行者、帰国者が新型コロナウイルスに感染し発病
そして、いよいよ渡航経験のない人まで発病する二次感染が報告されました。
まるで以前、洋画で観た「細菌テロ」のようです。

ネットニュースでは「豪州で細菌の培養に成功」と出ていましたので
ウイルスの詳細や治療方法等の研究が進められているようですが
まずは自己防衛でしょうか

うがい手洗い、マスクの着用、人混みを避ける等・・・

早期の沈静化を切に願います。

2020年1月28日 (火)

強風・なだれ注意報

早朝からの強風で目が覚めました。

今日の最大瞬間風速は朝八時の18.4メートル
風速10~15メートルで歩きにくくなり
15~20メートルで転倒の可能性もあるとのことですので
その威力は驚嘆に値します。

そして気象からは引き続き
「強風なだれ注意報」が信濃町に出ていますので
町内の方、並びに周辺にお住まいの方はお気を付け下さい

 

 

2020年1月27日 (月)

早すぎた春の味覚

少雪は自然界にも影響を与えているようで
カミさんが実家(町内)から採ってきたフキノトウ(ふきたんぽ)で
一足も二足も速い春の味覚を堪能しました。 

Img_4672
1/3を天ぷらに
残りをフキ味噌にして楽しみます。

天気予報では今日から雪ですので
もしかしたら「雪下フキタンポ」になる可能性もある
2020年、早すぎた春の味覚でした。

2020年1月24日 (金)

インクをのせる そのに

昨日のブログ「インクをのせる」の続きです。
万年筆で思い出すのが高校受験の時、親に書いてもらう申請書(身上書だったかも?)

担任の教師から
「ボールペンで書いちゃダメだぞ!万年筆で書いてもらうんだぞ!」
そう言われていたのに
同級生数人の書類がボールペン文字だったので、残念ながら書き直し。

たぶん当時、公文書の記載はインク文字が正式だったんでしょうね。
(そういえば通知表の中の個人評価も青いインクで書かれていました。)
それがトラウマ?となっているのか
正式な文章や、誠意を伝える文章は万年筆で書くものだ現在でも思っています。

しかし、そうは言っても日常生活ではボールペンが主流で
手帳の文字は0.7㎜、その他は1.0㎜と使い分けています
(太い文字の方が綺麗に見えるようなので)

ところが、気がつけば身の回りや机の中にボールペンが溢れ
ちょっと探してみただけで何と二十本以上も見つかりました。

Img_9803

万年筆ならたった一本で何年も使えるのに・・・

なんとかせねば!

2020年1月23日 (木)

インクをのせる

私が所属する(公社)日本眼競技術者協会
その認定資格である「SS級認定眼鏡士の」更新のため
テキストの発送でお世話になった担当者様へお礼の手紙を書きました。

ワープロソフトで作れば簡単なところ
今回は久しぶりに万年筆でお礼の手紙をしたためました。

Img_98021_20200123185601

 ボールペンの場合は「紙にインクをこすりつける」イメージですが
万年筆の場合「インクをのせる」というか紙に吸い込ませる感じ

失敗を許されない危機感?(笑)があるぶん
書き上げたときの達成感は格別なもの。
癖になりそうです。

 

2020年1月22日 (水)

「科捜研の女」で使ってくれないかな~

放射冷却により今朝7時の気温はマイナス11.4℃
室温も18℃を下回り、さすが大寒!と、納得の寒い朝となりました。
しかし日中は5.7℃まで上昇し道路の雪もすっかり消えました。

そんな日中の午後
店の横の駐車場に不思議な模様?が・・・

Photo_20200122160001

 実はこれ
新聞配達のお兄さんの足跡なんです。

Photo_20200122160101

早朝踏まれた雪が圧縮され、足形として氷結
温度の上昇と共に周辺の柔らかい雪が溶け
堅く凍った足形が残ったという次第

この現象「科捜研の女」で使ってくれないかな~
(沢口靖子 結構好きです😃)

2020年1月21日 (火)

恵みの雪

記録的な少雪となった今年の冬
「生活は楽だけどスキー場が心配」
「観光業もそうだろうけれど、除雪関係の仕事も少なくて大変そう」
「今降らないと水源や農業にも影響が出そうで心配」

そんな会話が挨拶代わりとなり
いよいよ他人事ではなくなってきました
そんな矢先の今日の積雪

Img_9795

26センチ降りました。

スキー場にとって
文字通り恵みの雪になったことでしょう。

2020年1月20日 (月)

サンセットポイント

当店の昨年6月からの働き方改革「土曜の午後は訪問日」
そんなわけで補聴器の調整やメンテを中心に家庭訪問しています。

そして先週の土曜日
野尻湖の北東「古海」地区から南東の「荒瀬原」地区までの移動でした。
野尻湖の周遊道路の利用が最短距離となるため、久しぶりに車を走らせました。

「管川地区」ではワカサギ釣り専用の船が浮かんでいましたが
釣果はいかがだったでしょう?

Img_4652

さらに車を走らせると展望台があり

Img_4654

これが有名な

Udua0015

出かける際のカミさんからのリクエストビュー
チラシネタひとつゲットです!(←まずは夕日を撮らねば)

2020年1月17日 (金)

ONE NAGANO

昨日
ご近所の酒屋さんで購入した日本酒に掛けられていた「首掛けPOP」
(二本分です)

Img_9785

前後の内容は
「がんばろう長野」と「ONE NAGANO」

Img_9784

水害に遭った酒蔵や販売店も多いはずですが
身内の救済ではなく
全県の被災者を対象としたキャンペーン

長野県酒造組合さんの団結の強さとフットワークに感動し
心からエールを送ります。

2020年1月16日 (木)

今朝の黒姫山

今朝の黒姫山です。
空気がキンキンに冷え
昨晩降った雪で一面が銀世界

Img_97822_20200116163701  

やっぱり冬はこうでなくちゃ!

2020年1月15日 (水)

小正月ですが

今日1月15日は小正月
昔は「成人の日」であり
夜は各地で「どんど焼き」の灯りが周囲を照らしていました。

祝日法の改正により平成12年から
「成人の日」が1月の第2月曜日に変更され
「どんど焼き」も消防団員さんの負担軽減等で
成人の日に縛られることなく開催されるようになり
古くからの伝統の意味が薄らいだように思います。

これも世の流れで仕方ないことですが
少しさみしい気もします。

ところで午前中、店の外が賑やかなので顔を出すと
駅前広場に柏原保育所の園児さんと先生が3人散歩に来てました

新年15日に雪がなく散歩にこれるなんて・・・
記録写真として一枚取りました。

Img_97752

しかしブログを書いている現在
多くの人が待ち望んでいた雪が降り出しました。
この雪でスキー場が営業を再開できるといいですね!

2020年1月14日 (火)

耳穴式補聴器の落下や紛失を心配されている方へ!

何やら赤い物に金具をひっかけようとしています。

Photo_20200114160601

クレーンゲームで見事商品をゲットしたときのよう

Photo_20200114160602  

実はこれ
耳穴式補聴器に「落下防止ストラップ」を取り付けた写真なんです
(両耳装用の場合は首の後ろに回し、片時の場合はひもの片側を衣類に止めて使用します)

本来、耳穴式補聴器は使用される方の耳型を採取し
その型から外形を作成して作るオーダーメイド品ですので
通常は耳から落ちるケースは希なんですが
落下や紛失を心配される方も多く「念のために」ということで
当店ではご購入時のメンテナンスキットに加えることといたしました

そこで「当店オリジナル取説」にも新たなページを加えるため
撮影した中の二枚です。

2020年1月13日 (月)

雪国に雪は必須

久しぶりに雪が舞い出しました。

例年なら(写真の)黒姫駅の屋根には1メートルを超す雪が積もり
命綱を付けた作業員さんが横一列になって雪下ろしをする時期ですが
今年はご覧の通りです。

Img_9772

地表が氷点下ならこのまま積もりますが、現在の外気温は1度。
名曲「なごり雪」の歌詞のように、落ちては溶ける雪・・・

スキー場を始めとする観光業の方も大変でしょうけれど
農業者の方にも影響が出ているとのこと。

それは、秋に大根や人参等をわざと収穫をせず
作物を雪の下で保存?することにより
糖度やおいしさが増すことを目的とした
「雪下大根」「雪下人参」の生産者さん達

やはり雪国に雪は必須です。

2020年1月10日 (金)

収れん火災

メガネの加工をしていたら
急に背中がポカポカポカと暖かくなり
ふと目を横にそらすと太陽さんの日差しが届いていました。

Img_9768

冬場は太陽の位置が低く
思わぬ所まで太陽光が届きますが・・・

それが原因で火災が発生することもあるようです
いわゆる「収れん火災」

鏡やペットボトル、花瓶や金魚鉢
窓に貼り付けた吸盤などが光を集め
集められた光が高温となって燃えやすい物に引火する。

お互い気をつけましょう。

2020年1月 9日 (木)

年明け早々

昨日のブログにも書きましたが
年明け早々の雨風で雪が消え

そしてテレビを観ていたら
年明け早々ゴーン被告がレバノンに逃げ
アメリカとイランが危ない関係に・・・

日本の場合
大晦日を過ぎると気持ちがリセットされ
新年を真っ新な気持ちで迎えますが
今年はそうも行かないみたいです。

2020年1月 8日 (水)

記録的な少雪

天気予報では、強風&雨か雪とのことでしたが
当地では風は吹かず、小雨と霧に覆われています

Img_9766

気温が上昇したため屋根の雪は溶け
道路はもとより「雪押し込み場」となっている駅前広場も写真の通り

雪国に雪がないと言うことは
観光産業をはじめ、農業にも影響します。

このまま「記録的な少雪」の冬となってしまうのでしょうか?

2020年1月 7日 (火)

今月のチラシ(2020年1月)

新年1月のチラシが完成し本日のチラシに折り込まれました。

配布対象外の地区にお住まいの方は画像をクリックいただくと
なんとか読める程度に拡大しますのでお試し下さい。

A面はメガネ特集と、流行語大賞に関してのコラム

Vol168a

B面は冬に便利な偏光レンズと
テレビの音声が直接届く補聴器の紹介
そしてオプト散歩は電波時計の受信不良について

Vol168b  

オプト散歩は善光寺の初詣などでお茶を濁そうか?(万年ネタ不足なもので・・・)
そう予定していましたが、年末に伯父が亡くなり
喪に服す意味からも急遽題材を変更しました。(夫婦二人の初詣はナ・イ・シ・ョ)

結果としては長年の疑問や不安が払拭でき結果オーライかな?

2020年1月 6日 (月)

2020の初詣

昔は家族総出で行っていた初詣ですが
今年はカミさんと二人
そして暮れに伯父が亡くなったこともあり
少し日をずらしての善光寺参りとなりました

Photo_20200106183601

 帰りに寄ったお店は「垂水」
昔花屋だった古民家を改造して
新たな善光寺名物を作っています。

Photo_20200106183701

それが下の写真
そう鯛焼きならぬ「鯉焼き」です。

Photo_20200106183702

見る角度によってはシャチホコ?
中はあんこではなく「花豆」のペーストでした。

 

2020年1月 4日 (土)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本日より仕事始めです。

本年もオプトパパの気まぐれ日記のご愛読
よろしくお願い申し上げます。

Img_9759

今年の目標は「すぐやる!」

ブログもすぐにやれば続くのに・・・どうなりますことやら(笑)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ