« 信越地方の春の風物詩 | トップページ | レジ袋完全有料化 »

2020年6月25日 (木)

コロナ禍における変化

外出時や接客時のマスク装着が常識化するも
そのため体内に熱がこもり
体感温度は予想以上に上がっています。

そんなことからか
今日補聴器調整にお越しのO様ご夫妻
室内温度は22~23度にもかかわらず
ご来店いただくやいなや
額にはうっすらと汗が浮かんでおられたので
カウンターの上にある携帯扇風機で涼んでいただきました。

(時計メーカーが作った優れもの、カラナビ付でどこにでもひっ掛けられ
置いても使えて大変便利。風力は5段階でリチュウム電池の充電式 税込¥3,300)

Img_0145

マスク不足が解消したと思ったら
今度はマスク使用時の皮膚炎やら体内温度の上昇が問題となっています。
でもこの扇風機のように、それを改善する機器やアイデア商品が続々と誕生しています。

コロナ禍において
いろんなことがスピーディーになったと思うのは私だけでしょうか?

« 信越地方の春の風物詩 | トップページ | レジ袋完全有料化 »

コメント

本当にそうですね、都会では町を

歩いてる若い人の手には扇風機

女性は日傘が、男性も先日プラスワンという

工具資材のお店で職人さんがするマスクにも使える

物を買って家内に外で作業の時に具合がいいみたいです

シェルパ頭さんコメントありがとうございます。

僅か半年で世界が変わりましたね!
命を守るため、生活を守るためには
新しい習慣と、生業の変化。
そしてスピードも大切だと思う今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信越地方の春の風物詩 | トップページ | レジ袋完全有料化 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ