« 東京オリンピックまであと1年 | トップページ | 抜かれる喜び »

2020年7月24日 (金)

TOKYO 2020 プラス1

昨日、東京オリンピック大会組織委員会は
開会式会場の国立競技場で
「一年後へ。一歩進む。~+1メッセージ~TOKYO 2020」
と題したセレモニーを開催しました。

そこで、競泳の池江璃花子さんが
全世界に向けて語られたメッセージが素晴らしかった

「オリンピックが延期されたことは
 アスリートとして言葉に出来ない喪失感だと思う

 自分も病気(白血病)をして一夜にして世界が変わってしまったので
 その気持ちもわかるが、同時に(自分の)救いとなりコロナという
 新たな敵と戦っている医療従事者の方には感謝しかない
  
(新型コロナウイルスを経験した)2020年は
 スポーツが決してアスリートだけで出来るものではなく
 さまざまな人の支えの上にスポーツは存在すると学んだ

 今から1年後、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら
 どんなに素敵だろうと思う

 スポーツは、人に勇気や、絆をくれるものだと思う
 自分も闘病中、仲間のアスリートの頑張りにたくさんの力をもらい
 今もそうである。

 TOKYO 2020 今日、ここから始まる1年を単なる1年の延期ではなく、
「プラス1」と考える。 

 逆境からはい上がっていく時には、希望の力が必要である。 
 希望が、遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても、前を向いて頑張れる。
 私もその一心でつらい治療を乗り越えることができた。

 世界中のアスリートと、そのアスリートから勇気をもらっているすべての人のために。
 一年後の今日この場所で希望の炎が輝いていてほしい」

 メーセージを要約してみましたが、最後はちょっと泣けました。

« 東京オリンピックまであと1年 | トップページ | 抜かれる喜び »

コメント

いいですね、感染者が増えオリンピックもどうなるか

色々な意見がありますが、今アスリートは何をしなくてはいけないか

メンタルの面でも「プラス1」と考え「世界中のアスリートと、そのアスリートから

勇気をもらっているすべての人のために。

 一年後の今日この場所で希望の炎が輝いていてほしい」

素晴らしいです1年後オリンピック見たいです頑張れアスリート

シェルパ頭さんコメントありがとうございます。

池江璃花子さんをJOCの広告塔のように受け止める人もいますが
スポーツが気持ちを高揚させることは確かです。

素直に感動し来年の開催を心待ちにしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京オリンピックまであと1年 | トップページ | 抜かれる喜び »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ