« 今月のチラシ(2020年10月) | トップページ | ヤル気を出すには・・・ »

2020年10月14日 (水)

6年ぶりに出てきた捜し物

ずーっと気にしていた捜し物
結婚したときペアで買ったセイコードルチェ(「ドルチェ&ガッバーナ」ではありません 笑)
それが偶然出てきたんです

ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪


Img_5949

それもこんなとこから(聴力測定室の下の隙間)

Img_5950

思えば2014年の9月6日(土)に
メガネの加工機の水を取り替えた際に腕から外してから6年
(なぜ詳しく覚えているかといえば母方のイトコ会前日だったから)
         (結構盛り上がっています ↑    )

無くし物の中では結構高額な品だったせいもあり
お客様から同じブランドの時計の電池交換や修理を預かる際には
必ず思い出すというか自責の念にとらわれていました。

しかし先日
聴力測定室の下の狭い隙間に補聴器の耳栓サンプルが転がり込んだので
細長い棒を入れ、横に掻き出す用に動かすと・・・

当然電池は切れていましたが
電池の液漏れ錆もなく順調に動いています。
これで長年の胸のつかえも下りました。

ところでペアのもう片方、カミさんの時計はというと
結婚して数年後「実家に置いて来ちゃった!」ということで
二十年以上お目にかかれていません。

« 今月のチラシ(2020年10月) | トップページ | ヤル気を出すには・・・ »

コメント

「こらー。
物は大切にせんかい‼️」

と、熊本の人に怒られるよ。

地震や水害で大切にしてたものを無くしたり壊れちゃった人もたくさんいるんだよ。

うちも気に入ってた食器、バラバラになって泣きそうだった。

よーく反省しなさいよね。

メイちゃんママさんコメントありがとうございます。
お叱りは真摯に受け止めてl と

ところでお宅では妖精やコビトが出没しませんか?

たとえば今回のように時計が思わぬ所から出てきたり
眼鏡や車の鍵や、テレビのリモコンなど
「さっきまでそこにあったのに」
「たしかに、ここに置いたはずなのに」
そんな品々が移動していたら・・・

叱責ればを恐れずに申し上げれば(笑)
それは還暦オーバーの勘違いではなく
間違いなく妖精やコビトのしわざです。

うちには妖精の前に、猫という生き物がいて色々やってっくれるので
たぶん妖精は出現しないと思います。

4匹も猫がいるといろいろね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月のチラシ(2020年10月) | トップページ | ヤル気を出すには・・・ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ