« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月28日 (木)

「メガネのくもり止め」価格高騰

昨日のブログのつづきですが
新しく仕入れた「くもり止め」がオープン価格だったため
相場を調べようとネット検索したところ・・・

高騰してます!全ての商品が!
中には平時の2倍以上の価格のショップもありました。

商品価格に需要と供給のバランスが反映するのは当たり前ですが
その多くは農産物の場合だと思います。
「特需で品薄だから」
「納期が数ヶ月先だから」との理由で
仕入れ価格は変わらないのに販売価格を上げるのは
明らかに不自由されているお客様の足下を見ての商売。

しかし唯一の救いは
同業者(メガネ店)のほとんどがが適正価格で販売していること
実店舗であれネットショップであれ誠意を持つた商いが大切です。
今回の騒動を「他山の石」として学ばせていただきます。

2021年1月27日 (水)

「メガネのくもり止め」品揃えに自信あり!

大きな段ボールが2つ届きました

Img_6256

中身はご覧のとおり
3種類のメガネのくもり止めとメガネシャンプー

Img_6258

早速、入り口の「くもり止めコーナー」に補充しました

Img_6260

マスク生活が日常的となり
メガネのくもり止めは特需なんです。
メーカーも経験の無い「作れば売れる」状況のため
直ぐに在庫切れとなり3ヶ月待ちの商品もめづらしくありません。

そこで、ジェルタイプやシートタイプなど
カテゴリ別のくもり止めをメーカー別に数種類おき
欠品しないよう、お客様に迷惑をおかけしないようにしています。

多分ホームセンターよりも品揃えは豊富ですので
メガネのくもり止めはオプトコバヤシへ!

2021年1月26日 (火)

二十七回忌の催促?

今日ご来店いただいたI様(63歳女性)
お買い物された後の雑談で

I様「そうそう、忘れないうちにオプトさんに言っとかなきゃ!」
    「母に年賀状いただいたんですが、母は二五年前に亡くなっていて・・・」

私「それは大変失礼しました!直ぐ調べますね!」
 「あっ!たしかにお送りしています〇〇様名で」
 「失礼ながら、毎年お送りしてましたでしょうか?」 

I様「いいえ今年初めて。でもね!叔母に話したら」
  「『今年はあなたのお母さんの二十七回忌の年だから思い出すように届いたんじゃない?』と言われたの」

つまり、天国のお母様からの催促じゃないかと、好意的に受け止めていただきましたが
原因は昨年二月にI様ご来店の記録を、誤って(残っていた)お母様の来店記録に上書きしたためで
年賀状名簿を検索する際「最近来店者」としてヒットしまいそのまま発送してしまったようです。

でも、何か不思議な因縁を感る出来事でした。(名簿もマメに見直さなきゃね!)

2021年1月25日 (月)

2021年の初詣

今年最初のブログで

三密を避けるというい 
言い訳 意味から
地元の氏神様への二年参り並びに善光寺への初詣を ズルして やむなく中止し
外出も極力控え「朝寝、朝酒、朝湯」の小原庄助三昧のお正月でした

と書きましたが、それから3週間が経った定休日の24日
カミさんと一緒に初詣に行ってきました。

Img_6254
(絵に描いたようなチョイ悪親父:カミさん撮影)

ご覧のように境内はすいていて
チョット拍子抜けしました。

毎年、大勧進で「だるま」と「破魔矢」と「熊手」を購入するのですが
熊手は既に売り切れており残念!

帰宅後調べたら当日は「大安」だったので
夕食の際、帰省していた長男も交え、だるまの目を入れました。

我が家の新年のルーティーンも、つつがなく執り行われ
コレで安心して過ごせます。

2021年1月22日 (金)

かえらなかった時計屋さん?

ラジオを聞いていたらCoba-Uさんという若い女性歌手
(自称、「暗黒の宇宙からやってきたCoba-U菌と暮らす
キュートでヒールなレゲエ・ドール」とか)が
 「かえらなかった時計屋さん」という曲をカバーしたと
断片的に聞き(曲のタイトルに惹かれラジオに全力集中(笑))

もしかして、話し好きで出張先のご家庭に居座り
なかなか帰らない迷惑な自己本位の時計屋?などと妄想するも
ネットで調べたら、悪いロボットと闘うヒーローだったことが判明!

1de403398b89aca641d08eaff3b5b6bc

(ジャケット画像はGoogle.comより)

なんでも1978年のフジテレビの「ひらけ!ポンキッキ」の挿入歌とか
気になる方はYouTubeで検索すると聞けます。

2021年1月21日 (木)

言葉で季節を感じてみませんか?

二十四節気でいうところの
「大寒」の翌日、21日の朝は雲ひとつ無い日本晴れ!
ということで、放射冷却現象により
今朝の信濃町の最低気温はマイナス12.3度

過去のブログでも書いたかもしれませんが
二十四節季とは太陽の動きを元に1年を24等分し
やく15日おきに季節の目安を表したもので
中国から伝わったため(緯度の違いから)
季節感のずれは否めませんが「大寒」に関しては
納得されている(体感されている)方も多いのでは?

そして来月3日の「立春」18日の「雨水」を過ぎれば
寒さも峠を越し春間近

ひな祭りとか、端午の節句のような行事の場合は
「もうそんな時期?」みたいな印象で受け止めますが
24節季を意識すると季節の移り変わりを先取りできます。

旅行はもちろん、外出も躊躇してしまう昨今
言葉で季節を感じてみませんか?

2021年1月20日 (水)

見事な氷柱 そのに

昨日のブログ「見事な氷柱」で

つららが発生するのは
軒に積もった雪が家の壁面や屋根から漏れ出した暖気が溶かし
それが凍り垂れ下がるという単純なメカニズム。
つまり家の機密性と大きく関係しているわけで自慢できないわけですが

と書きましたが
部屋の軒下よりも、涼しい廊下側軒下の氷柱の方が長く伸びるため
不思議に思いググってみたところ、以下の説明が多くアップされていましたので
記録として残しておきます(←チラシ掲載も視野に入れてのこと 笑 )

軒先につらら出来る現象は外気の部分で引き起こされる現象。
つららは高気密であろうが、高断熱であろうが、断熱材の無い物置小屋であろうが
住宅の構造には全く関係なく、また工務店の施工技術に関係なくできる。

原理として、屋根に雪が積もっている雪は日中に陽に照らされると
陽の熱が屋根の鉄板や瓦に伝わり、雪が融かされ水になり、軒先から下に落ちることになる。
夕方から晩に気温が下がると軒先に流れてきている水は、次から次へと凍ってつららとなる。
もちろん屋根の素材は関係ない。

まっ、そんな事です。

2021年1月19日 (火)

みごとな氷柱

母屋の屋根から下がる見事な氷柱(つらら)
長さは、およそ3メートル

Img_6209

物干しベランダから見るとこんな感じ

Img_6244

つららが発生するのは
軒に積もった雪が家の壁面や屋根から漏れ出した暖気が溶かし
それが凍り垂れ下がるという単純なメカニズム。
つまり家の機密性と大きく関係しているわけで自慢できないわけですが
屋根裏部屋には広範囲で断熱材が敷き詰められていますので
他にも理由があるはず。チョット調べてみますね!

2021年1月18日 (月)

今朝の黒姫山 (2021.01.18)

今朝の最低気温はマイナス8.6度
鼻の奥の奥が痛くなるような寒さでした。

そして表に出てみると
信濃富士黒姫山が朝日に輝き
思わず手を合わしたいような神々しさ
(後のテンプレートの富士山ともコラボするかも?)

Photo_20210118184401

一昨年、野尻湖博物館主催の「遺跡巡り」
戸隠(山)信仰を学びましたが
今朝のような姿を見ると、さもありなんと思います。

2021年1月15日 (金)

今月のチラシ(2021年1月)

今月のチラシが完成し18日の朝刊に折り込まれる予定です。
(チラシ配布対象外の地域にお住まいの方は
 画像をクリックいただくと読める程度に拡大します)

耳タコのコロナ情報は極力避けて
紫外線対策のメガネレンズと
「マスク生活」で便利なのメガネ用品の紹介

Vol180a

B面は、最新補聴器の紹介と
先日ブログでアップした「駅そば」を
さらに総力取材したオプト散歩を掲載

Vol180b

燃え尽きました・・・なんせって

2021年1月14日 (木)

結構 カ・イ・カ・ン

郷の当地の最低気温はマイナス4.9度
そして最高気温は4.4度となり屋根の雪も溶け出しました

そして先程、新居の母屋と店舗をつなぐ渡り廊下を歩いたら
水をまいたように床一面が濡れていました。
原因は雨漏りというか、我が家で言うところの「凍みまわり」

屋根に積もった雪が下からの室温で溶け
それが氷になり屋根に数センチの厚さで密着します。
そして、今日のように気温が上がると
溶けた雪や氷の水分が軒先の氷に阻まれ
屋根の僅かな隙間から天井を伝い、滴となって廊下に落ちる。
この現象を我が家では「凍みまわり」と呼んでいます。

対処方法は至極簡単
屋根に昇り、先端の氷をナタでたたき割り、屋根を露出させる。
時間で言えば十数分のことですが力加減をしないと屋根を傷めます。
古い家だから思い切ってできることですが
上手に氷が割れた時は結構 カ・イ・カ・ン (笑)

 

2021年1月13日 (水)

緊急事態宣言 再び

東京都と神奈川、埼玉、千葉につづき
大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、福岡県、栃木県の7都府県が
緊急事態宣言の対象区域に追加されそうです。

二度目の緊急事態宣言となりますがこの施策により
コロナウイルスを上手くコントロールできると良いのですが・・・
気の緩みが第三波を助長しているように感じます

ただ憂うだけで無く
三密回避とマスクの着用、消毒と換気に努めましょう。

自分も戒めます。

2021年1月12日 (火)

新年早々 勉強させていただきました。

冬期に大活躍の青い除雪機(ヤマハ)ですが
昨日駆動してみると雪を飛ばすシューター(筒状の部位)が回転しませんでした。
通常は進行方向に飛ばしながら進むのですが、時には角度を変えて遠方へも排雪します

それでもお湯を掛けたり、コードをつまんだりしたところ
運良く思いの方向に回転したので、その状態で何とか作業を完了しました。

そして早速、除雪機を購入した地元のお店に連絡したところ
直ぐに修理に来てくれ部品交換してくれました。

購入してから12~3年立っているにも関わらず完璧なアフターフォロー
他業種ながら、その対応には頭が下がります。
補聴器も上位機種になると
除雪機と同じような価格帯のものもありますのでなおさらです。

新年早々、勉強させていただきました。

2021年1月11日 (月)

雪下ろしと黒姫駅の駅そば

3連休となった先週末は土曜の午後から雪下ろし
日曜日は3人の子供達も帰省し家族総出で行いました。

そして、お昼になるも
下ろした雪の排雪作業は終わらず
娘B(次女)の強いリクエストもあって
昼食は黒姫駅の「駅そば」

Img_6170
お客さんは絶えること無く
また三密を避けるため待合室に散らばり
召し上がっておられました

Img_61822
そして、私が注文したのが右手前の
「特上・エビ天玉子そば・大盛り」750円
かみさんは左手前の「特上かき揚げ玉子そば」510円
娘Bは奥の「特上エビ天そば」610円

Img_6176
作業着のまま、頭髪の乱れもそのままに
どんぶりを見つめるその姿は・・・じじい(笑)

Img_7169_20210111173801
手打ち蕎麦では無いけれど
出汁と蕎麦がからみ、大ぶりのエビにも大満足
お腹も心も元気もいっぱいになりました。

2021年1月 8日 (金)

補聴器における三日坊主予防法

昨日、一昨日と一般的な三日坊主の予防法について書きましたが
今日はその番外編として
「補聴器における三日坊主予防法」について記したいと思います。

月一でアップさせるチラシをお読みの方はご存じのとおり
当店の補聴器調整法は「積み上げ式調整法」です
(PCの方は下の画像をクリックしてください。拡大します)

Vol176b_20210108153401

簡単にいうと「補聴器の出力を、ターゲットゲイン(目標の音量)の70%からスタートして
徐々に音量を上げ、約3ヶ月掛けて脳に馴染ませる調整法」です。
この方法をご理解の上実践いただくと補聴器装用率(成功率)はほぼ100%

ただし、そのためには毎日8~10時間使用いただく必要があります。
三日坊主になると脳の興奮が収まらず、音量を上げると常に「騒がしい」と感じてしまい
いつまで経っても聞こえにくい状態が続き、その後は高額な「タンスの肥やし」(←古語?)となってしまします。
そこで補聴器お渡し時に「三日坊主予防策」として御願いすることは2つ

「洗顔後に装着してくださいね!」←( 既に習慣となっている事に付け加える)
「ストレスを感じたら、いつでも外していただいて結構ですヨ!」←(チョットだけやってみる )

このように説明してお渡しすると
ほとんどの方が後購入着後から10時間近く装用(使用)していただけるようになり
メーカーの担当者さんも驚いています。

そんなわけで、補聴器のお求めはオプトコバヤシで!(笑)

2021年1月 7日 (木)

三日坊主予防法(後編)

昨日のブログで

「脳が活性化しなくなった後は飽きて面倒になりやめてしまう」か
「面倒くささに慣れて続ける」のどちらかとなり当然目指すは後者で
そのためにはちょっとしたコツがあるそうですと書きましたが
そのコツは2つあり

その①  既に習慣となっている事に付け加える
その② チョットだけやる

私の場合なら①毎朝のラジオ体操の後にストレッチ運動を入れる
②腰痛防止のための「足の抱え込み」を左右10秒だけやる 
そうするとエンジンがかかり(←おじさん用語?)
その後ストレッチ運動の種類が増えた! といった具合

だから昨日のヒントのように
ブログも、無理せず分割してチョットだけ書くことも長続きの秘訣

そうはいうても(←なぜかいきなり関西弁)
2005年12月22日から書きはじめた本ブログも
いよいよ16年目に突入し、この記事が3250本目
アクセス数も172000を超え毎日50人以上の方にご覧いただいている計算になります。

自分としては初めての長続き期している習慣
これからも継続していきますので
引き続きのご愛読御願いいたします(コメントもね!) 

2021年1月 6日 (水)

三日坊主予防法(前編)

今年も早6日が過ぎ、仕事始めから3日目。
そろそろ気になり出すのが「三日坊主」の出現

脳科学的にいうと

「脳は、新しい環境や刺激に対し大きく反応して活性される用にできている」
「ところが同じ刺激が繰り返されると次第にその活性化は弱まる」

そして脳が活性化しなくなった後は「飽きて面倒になりやめてしまう」か
「面倒くささに慣れて続ける」のどちらかとなり
当然目指すは後者ですが、そのためにはちょっとしたコツがあるそうです。

それはというと・・・・・ 続きは明日のブログで!(実はコレも三日坊主予防法)

2021年1月 5日 (火)

除雪器具の甲羅干し

二日から比較的穏やかな日が続いていますが
冬の天気は一週間単位で変わることが多く
今週の木曜をピークに再度寒波に襲われそうです。

そんなわけで
つかの間の晴れ間に除雪器具の甲羅干しです

Img_9189800

除雪機をメインに写真左から「雪かきラッセル(他の名称もあり)」
軽量と重量の「スコップ」二種 そして「スノーダンプ」
氷や水分が乾いたところに着雪防止のスプレーを二度塗りします。

これで準備は万全!
週末の定休日は家族総出で雪下ろしです。

2021年1月 4日 (月)

2021年今年の決意

新年 明けましておめでとうございます。
本年も「オプトパパの気まぐれ日記」をどうぞよろしく御願いいたします。<(_ _)>

ところで皆様、今年のお正月をどう過ごされましたでしょうか?
私は年末の豪雪のため31日1日の両日は朝一で除雪し
健康的に年末年始を過ごしました(笑)

また、三密を避けるというい 言い訳 意味から
地元の氏神様への二年参り並びに善光寺への初詣を ズルして やむなく中止し
外出も極力控え「朝寝、朝酒、朝湯」の小原庄助三昧のお正月でした。

でもね!お酒の切れた両日の午後は
手持ち無沙汰というか、怠惰な生活に後ろめたさを感じ
家事の手伝いをしっかりとしましたよ!

そしてあらためて思ったことは「仕事がある幸せ」
還暦を過ぎて早2年経ちますが
同級生が年金生活を視野に日々過ごしているのを尻目に
世の中の流れを意識しながら毎年新しい挑戦が出来ます。

今年は「グーグルマイビジネスの充実」と「LINE友達の登録と運用」を行い
毎月発行のチラシには「ミニイベントコーナー」を新設し
「土曜の午後は訪問日」のさらなる活用を目指します。

自分にプレッシャーをかけるためのブログ掲載ですが
一番大事なのはやっぱり健康
今年はまず ひやぁぁぁぁぁぁ...!!! うめぇぇぇぇぇぇ...!!! の回数を減らすとしますか!
当然お正月明けからとなりますが(笑)(←多分三日坊主)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ