« 熱海市の土石流 | トップページ | 新暦と旧暦 »

2021年7月 7日 (水)

ハイスペックなメガネレンズ

某メガネレンズメーカーの担当者さん来店し
最近導入した測定機器と、新商品の説明を受けました。

そこで感じたのはメガネレンズの進化を
そして価値をお役様にどのように伝えるかと言うこと

一時はリーズナブルなメガネ販売店が乱立したこの業界ですが
最近は、そのような価格重視の店とは一線を画し
お客様の要望にこたえられる技術や品揃えを全面に出す店が増えています。

当店も後者を目指していますが
ハイスペックなレンズほど説明書きが厚く価格も上昇します。
ではどうすればお客様に選んでいただけるか?ご購入いただけるか?

そこでメーカー担当者と一緒に考えた結論は
「機能の可視化と販売店からの具体的提案」

簡単に言えば
「新しいメガネレンズはこのような仕組になっています」
「見たい(モノに対する)距離を自分で決められるので
 その選択により自動的にオリジナルの遠近・中近レンズ作製されます」
「お客様に御願いするのは『何を見たいか教えていただく』。ただそれだけです」

「ゴルフもするけど読書も好き」は100メートル以上から手元40㎝
「移動は公共交通機関を利用し、商品の仕分け等軽作業が主な仕事」は30メートルから50㎝
「外出はあまりせずテレビと編み物が趣味」は3メートルから30㎝

どうです?買いたくなりませんか?

« 熱海市の土石流 | トップページ | 新暦と旧暦 »

コメント

 オレも欲しいなあ。パソコン、読書、字を書く時用のメガネ。
 パソコンの画面は50~60㎝、読書は20~30㎝、字を書く時は10~20㎝ぐらいの距離感だから、1m~20㎝って感じかな。
 運転用、日常生活用は別でもいいから、この距離感でしっかり見えるメガネってできるの?
 1日のうち8時間以上は、パソコンの字を読んで、本読んで、字書いてるから…

オレだよ俺さん コメントありがとうございます。

近日発売のレンズは
ブログ記事のように「見る距離を細かく設定できる」
言い換えれば「累進多少点レンズの度数を細分化できる」みたい
また情報送るね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱海市の土石流 | トップページ | 新暦と旧暦 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ