« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

明日から師走

明日からいよいよ師走
「師が走り回るほどに忙しい『師走』である」という俗説が
すでに平安時代末期の文献にも載っていたそうですので
この「せわしなさ」は日本人にとってDNAに刻まれた感覚なんでしょね!

そして新年を真っサラな気持ちでスタートさせるには
やり残した仕事や計画を片付ける事が大切で
それは私にとっては永遠の課題・・・(←オプトパパは先送りの名人)

頑張ります!

2021年11月29日 (月)

余裕のヨッちゃん

先週の土曜日は25センチの積雪
11月としては珍しくまとまった雪となりました。

Img_7732

だから翌日の日曜(定休日)は以下のような
「やることリスト(TODO)」を作り冬の準備作業

①庭木の雪落し(雪の重さで折れてしまうため)
②青い除雪機の試運転(バッテリーは前日から充電しました)
③除雪用品の手入れ(スプレーワックスの噴霧等)
④冬用の長靴や車用雪かき(ブラシ)の用意

これで雪対策は万全
今年は全て前倒しで冬の準備をしているので
余裕のヨッちゃんなのさ!(笑)

2021年11月26日 (金)

明日は雪?

天気予報によれば明日は雪
そして月曜日までの3日間は
雪マークが続き週半ばには雨となる見込みです。

そんなわけで
これから除雪機の起動チェックと燃料の購入を行います。

2021年11月23日 (火)

2021年の勤労感謝の日

天気予報では午後から雨あるいは雪でしたが
本日の最高気温は11度で天気も良く
小春日和の「勤労感謝の日」となりました。

そんなわけで
本日は1時間早く閉店ガラガラ
そして店を早じまいしたこんな日は

そうだ!年に1度の勤労感謝だもの
ビールを飲もう!ワインも飲もう!お酒も飲もう!

( ^^)/▽☆▽\(^^ ) カンパーイ!

ひやぁぁぁぁぁぁ...!!! うめぇぇぇぇぇぇ...!!!

2021年11月22日 (月)

今月のチラシ(2021年11月号)

11月のチラシが完成し、今朝の朝刊に折り込まれました。
(チラシ配布対象外の地域にお住まいの方は
 画像をクリックいただくと読める程度に拡大します) 

今月のコラムは「幻の甲子園2回戦」
たくさんスポーツがある中で
なぜか高校野球は別枠のような感じがするのは私だけ?

Vol190a

B面の「オプト散歩」は「鯖江の眼鏡」
改めてメイドインジャパンの凄さを知りました。

Vol190b

オプト散歩は毎月ネタ不足で
このコラムの作成に一番時間を費やしています。
本末転倒だと思うのですが、スクラップされる方もおり
今後も続けていくつもりですが・・・
12月号は毎年恒例の「総集編」取材不要でチョット楽できます。

2021年11月18日 (木)

用水路工事開始

店の前を流れる用水路の上流で工事が始まりました

Img_7683

早朝に工事現場を様子を見にいくと
(よい子はマネをしないように!笑)
どうやら水路の拡幅工事のようです

Img_7689

工期は来年3月までのようですが
「働くおじさん」の様子が間近でみられ楽しみです。
(過度の騒音が発生しないことを願います)

2021年11月17日 (水)

鯖江の眼鏡

Facebookで友人が紹介していた「鯖江の眼鏡」

ご存じの方も多いと思いますが
福井県鯖江市は眼鏡フレームの産地で
私が卒業した眼鏡学校の卒業旅行も鯖江市の工場見学でした。

そんな鯖江市の眼鏡作りの歴史をまとめたのが
この「鯖江の眼鏡」(福井県眼鏡協会公式ガイドブック)

Img_7679

下のページは
「鼻パッド」の作製手順を記したもの

Img_7682

ページ右下には
「小さな部品にも美しさを妥協しない。
 それが鯖江の眼鏡づくりである」の一文

読んでいて頭も体も熱くなりました。

2021年11月16日 (火)

二人の若者

ここ数日
ロサンゼルス・エンゼェルス大谷翔平選手と
将棋の藤井聡太4冠の二人の若者の偉業が話題になっています。

それぞれ、凡人の計り知れないステージで活躍されているわけですが
天分以上の努力もさることながら
大谷選手の場合は「リトルリーグの少年が、そのまま大リーガーになったよう」
と表されるように、野球が好きで好きでたまらない様子

そして藤井聡太4冠は、将棋を指す時間が惜しくて卒業一月前に高校を中退
その後の快進撃は誰もが目を見張り、棋士仲間からも「AIも驚く手を打つ」と評判です。

ところで、昨日ご来店にいだい私と同年代のご夫婦は
自分たちの子供より若い二人の活躍に驚く同時に、奥様からはこんな発言が

「どんなお嫁さんが来るんだろう・・・」

「どんな人と結婚するのだろう」だと一般的なファンの興味ですが
「どんなお嫁さんが」の場合はきっと母親目線からの期待や心配なんでしょうね!

とにもかくにも、明るい話題を振りまいてくれるお二人の今後の活躍が楽しみです。
(そう言え菅田将暉も結婚しましたね、お幸せに!)

2021年11月15日 (月)

2011年の雪囲い完了

昨日の定休日
リビングと母の部屋のサッシの雪囲いをしました。

ウッドデッキが完成した年、屋根の雪庇が落下し
それがデッキの床で跳ねてサッシのガラスが割れたことを機に
冬期の保温兼ね(ガラス面に雪が付くと室内温が低下します)
私がDIYしたコンパネを使い毎年囲っています。

Img_0434

1年前の事を思い出しながら
夫婦で力(私)と頭(カミさん)を使い
2時間作業した結果がこれ

Img_0437

う~~~ん 完璧!(笑)

囲いとサッシの間にできた空間は最高の冷蔵庫となり
年末年始のビールの貯蔵として大活躍します。

2021年11月12日 (金)

除雪用車両出動式

昼休みにテレビを観ていたら「信濃町では・・・」のアナウンスがあり
注目したところ、早々除雪車両の出動式が行われたとのこと

横川信濃町長の挨拶

Img_7651

霊験あらたかな?野尻湖の水を掛けての安全祈願

Img_7655

除雪車両の基地は当町にあるものの
除雪範囲は30キロもの広範囲

Img_7664

関係者の皆様
今年もよろしく御願いいたします。

2021年11月10日 (水)

「幻の甲子園」2回戦実現

今年行われた全国高校野球選手権大会いわゆる甲子園で
長野県代表の松商学園が2回戦で闘う予定だった
宮城県代表の東北学院高校ですが、選手のコロナウイルス感染が判明し
結果出場を辞退したため、松商学園の不戦勝となり
東北学園高校の野球部員にとって残念な結果となりました。

しかし、
松商学園は甲子園大会の直後から交流試合を検討し
東北学院が快諾したことにより今月七日「幻の甲子園2回戦」が実現したと
信濃毎日新聞の一面に掲載されていました。

Img_7646

高校球児にとっての夢舞台の再現に感動したと同時に
思い出したのが2年前の岩手県立大船渡高等学校の野球部監督の判断

決勝戦の対花巻東高校戦では國保陽平監督が「故障予防のため」という理由で
投手・打者とも佐々木朗希選手(現ロッテ)の出場回避させ、チームは敗退
当時は「せっかく甲子園に行けるチャンスだったのに」とパッシングを受けたものの
佐々木選手の今年の活躍を考えると最良の判断だったと思います。

どちらのケースも
選手達にとっては一時的ではあるものの多くなショックだと思いますが
たぶん長い人生において、かけがえのない経験となることでしょう。

2021年11月 8日 (月)

予約日は天気次第

昨日の日曜は「立冬」
いよいよ冬を意識する時期になりました。
しかし今日の最高気温は昨日より7度高く
いわゆる「小春日和」の1日

そんな事から補聴器のクリーニングや点検の予約日を
「11月初旬の天気のよい日」とされていたお客様3名にご来店いただきました。
なぜ天気のよい日かというと、当店まで徒歩や自転車で起こしになられるため
なりべく足下のよい日(高齢者の方の転倒予防)を予約日としています。
当然お待たせしないよう、他のお客様とバッティングしないよう
お電話をいただいてのご来店です。

そしてこれからの季節は路面の凍結や吹雪による「ホワイトアウト」
視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象)
も考慮し、全てのご予約客様に対し「運転に支障がありそうなお天気の時は
遠慮無くご予約キャンセルください。ドタキャンもOKです」と申し上げています。
雪国での運転や歩行は時として命にかかわることもありますから・・・

2021年11月 5日 (金)

ミナミヌマエビの引っ越し

先日のブログ「ケーブルラベル」でもチョット触れた
ミナミヌマエビの飼育水槽ですが
熱帯魚ネオンテトラと混泳していた30センチのキューブ水槽から
エビ専用として45センチの水槽に変更することにしました。

そして「水作り」(ろ過バクテリアの繁殖)も軌道に乗り。
いよいよ30センチの狭い水槽から45センチ水槽に引っ越し

Img_76242

早速ウィローモス(水生こけ)のマットを見つけ
ツマツマする(←エビ愛好者の共通語?)エビたち

Img_7628

ガラス面についたコケも大好物です。

Img_7629

無事育ち、繁殖してくれることを願います。

2021年11月 4日 (木)

このリンゴなら大丈夫!

先日の「柿」につづき
リンゴ農家のお客様からシナノスイートをいただきました

Img_7621

ネットで調べてみると
その名の通り甘味の強さと
甘くてシャキシャキとした食感が特徴の
長野県を代表する品種の1つ。ジューシーさと濃厚な甘味が、
子供から年配者まで、幅広い層に人気です。

とのことで早速いただくと・・・
確かに甘みも香りも強く、食感はお客様がおっしゃっていたように
やや柔らかめで食べやすい。

先のブログ「友、遠方よりきたる」
「学生時代からの「秋の風物詩」として彼の実家から送られる新米と
私の家から届くリンゴを物々交換し云々」と書きましたが
実は私、極度の酸味過敏症?で柑橘系のフルーツのほとんどが苦手
そしてリンゴもそれに準じており、唯一食べられるのは時間が経って
酸味が減り、果肉が少し柔らかくなったリンゴ(長野ではこれを「ボケリンゴ」と言います)
が大好きなため、新鮮で食べ頃のリンゴが物々交換の対象となっていたのです。

しかしこの「シナノスイート」は、甘み
(酸味の少なさ)といい
食感といい私の好みにピッタリで、こ
のリンゴなら大丈夫!

2021年11月 3日 (水)

秋の風物詩?

今日は地区一斉作業「川掃除」
駅前朝8時集合で約三十分間
地区内の用水や側溝の掃除をします。

Img_76201

当日は区の役員さんが用水の水を止め
作業しやすい状態の中グレーチングを上げ
スコップで泥やゴミをさらいます。

「秋の風物詩」というほどでは無いけれど
大切な作業です。

2021年11月 2日 (火)

秋の恵み そのよん

お客様から柿をいただきました。

Img_7618

「家の庭から採ってきた!」そうですが
干し柿に最適な小ぶりの柿と、それより一回り大きな柿
名前は不明ですが、庭に柿の木があるなんて素敵ですね

ところで上記写真を家族ラインに載せ
「お客様から柿もらった!」
「大きさ比較のため”体操ブーブー”(写真に)いれてみました」
と送信したらカミさんと長女から即「いいね!」
便利な世の中です。

 

2021年11月 1日 (月)

戦後三番目 残念!

衆議院選が終わり、投票率が発表されました。

55.33%
前回の衆議院選を1.65ポイント上回るも
戦後三番目に低くなる見通しとのこと。

選挙前は多数の有名人がネット動画で「選挙に行こう!」と訴え
選挙証明?があれば「とんかつ半額」するお店も出て
若者の投票率アップが期待されるも効果は薄かったようです。

残念!

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ