« 2022年のお盆 | トップページ | 何かいいことアルかもね »

2022年8月18日 (木)

立秋を過ぎ思うこと

立秋を過ぎましたが
夏の蝉と夜のコオロギが共存しています

ここ数日は気温も下がり
夜もタオルケットが肌に心地よく熟睡できます。

四季の移り変わりが見事な日本ではありますが
気温や室温に体を馴染ませていくにも体力が必要で
それ故昔は「日射病」として片付けられていた体調不良が
「熱中症」の名に変わると同時に重篤な病気になったのは
単に地球温暖化のせいだけではなく
老若男女共に体力が低下したのではないかな?と密かに思っています。

とにもかくにも季節に体を馴染ませると同時に
脳にも環境の変化を自覚させることが大切だと思います。
そのためには視覚・嗅覚・味覚への刺激が1番では?

天高く馬肥ゆる秋

山の色づきを愛で
自然の恵みを堪能しましょう!

« 2022年のお盆 | トップページ | 何かいいことアルかもね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年のお盆 | トップページ | 何かいいことアルかもね »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ