« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月26日 (火)

早く買えば良かった・・・

お客様の来店を知らせる
個人商店必須アイテム「ピンポン」(←呼称は様々ですが)

感知式のため、鉢のグリーンの揺れにも反応するのが玉に瑕
改装前の店舗から数えると、半世紀近く使ってきたかかも?

また有線タイプなので
スピーカーの音が届く範囲に限界があります。

Img_9465

だから店舗の後方にある自宅にいると
ドアや戸を開け放てる夏以外来客に気づきません。

そして、諸事情により店と自宅の往復の頻度が増した今月
「どげんかせんといかん!」

そんなわけで、自宅にいても来客がわかるよう昨日購入したのが
「人感センサーワイヤレスチャイム送受信機セット ¥3,698」

Img_9466

ローコストなのにハイスペック
手のひらサイズの大きさで、ただ置くだけ
余裕で自宅の二階まで電波が届きます。

早く買えば良かった・・・・

2023年9月25日 (月)

こんな時にしか会えないけれど・・・

母の訃報を聞きつけ
二人の友人が遠方より駆けつけてくれました

高校を卒業してから40年来の付き合いですが
あの頃と何一つ変わっていません

だから気兼ねなく本音で話せますし
年を重ねることによる体の変化(いわゆる「ジジイ化」)や
家庭のこと、自分の今の立ち位置なども面白おかしく自慢話になります。
(少しは世話になったであろう亡母のことは、二人の口からほとんど出ませんでした(笑))

その昔「フォーエバーヤングの会」と称し
単身赴任している今回とは別の友人宅に押しかけ
学生のように一晩、夜更けまで呑んで語り合ったものでしたが
諸事情により休会となり、こんな時にしか会えないのが現実

でもね「今日は久々に笑ったわ!」の声が嬉しかった

これからもよろしく! バイサにポンズ
そして、忘れちゃ行けない納豆大好きヒトシ

2023年9月22日 (金)

さらなる高みを目指します!

先週の木曜日から一週間の間
店都合でご予約をキャンセルさせていただいた
お客様全員に連絡が取れました。

こちらから(再予約の)用件を申し上げる前に
お悔やみの言葉を頂戴し恐縮しています

大手販売店なら許されない予約キャンセルや
商品の遅延などが当たり前のように受けいられている事実

感謝すると同時に、自分の事務能力の低さに気づき
あらためて再スタートする気持ちになりました。

「店はお客様のためにある」
今は休刊となっている「商業界」という雑誌の主幹者の言葉です
お客様のご厚意やご理解に甘えることなく
さらなる高みを目指します!

2023年9月20日 (水)

母の旅立ち

久し振りの更新です。
ご存じの方も多いと思いますが
先週の木曜日、母が89歳の天寿を全うし旅立ちました

長いこと肝臓がんを患い
がんの進行(肝臓の破壊度?)を示す値が6月の時点で
正常値0~40のところ20000まで上昇していました。

しかし家では歩行器を使い、入浴サービスや訪問看護を受けながらも
主治医の先生が驚くほど自立した生活を送っていました。

それが室内での転倒を機に、入院してから丁度1ヶ月
あっという間の別れでしたが
コロナウイルス感染症が5類感染症に移行したことから
14年前の父の葬儀同様に家での通夜、出棺、葬儀、御斎と
多くの方に見送られての旅立ちでした。

そして今日から店も平常営業を開始しました。
多くの方にご心配いただき、そしてご迷惑をおかけしましたが
お陰様で元気を取り戻し、嫁と二人だけの生活がスタートしました。

皆様本当にありがとうございました。

2023年9月11日 (月)

季節は食卓から

前回 「スーパー残暑」という表現は好ましくないのでは?
と書きましたが、では何残暑が適切かというと・・・たぶんハード残暑かな?
ほら、ハードワークとかいうじゃな~い(笑)

ところで地元の民放「SBC信越放送」では秋の特集として
ギター侍で一世風靡した波田陽区をパーソナリティーに
秋の味覚特番を毎年行っています。

特に「ブドウ三姉妹」と言われる シャインマスカット(下の写真)
長野パープル そしてクイーンルージュの露地物を中心に取材し
各地でイベントのお手伝いをして早6~7年?(←適当)秋の風物詩になってきました。

Shinemuscat06 

そして晩秋から初冬に掛けては、「リンゴ三兄弟」と言われる
野県生まれのオリジナル品種、秋映(あきばえ)シナノスイート
そしてシナノゴールドが登場し長い冬に突入。

季節を食卓から感じることは何よりの幸せです。

2023年9月 6日 (水)

スーパー残暑

最近聞いた新語?が「スーパー残暑」
確かに近年にない残暑が続いています

しかし
あまり好まれてはいないであろう残暑にスーパーンの文字を冠するのに違和感を感じ
「スーパー」に関してチョット調べてみたところ

日本語的には [形動]飛び抜けて優れているさま。きわめて強力なさま。

英語的には "super"には「最高の、極上の」という意味がある
      とにかく「とてつもなく凄い」ことを表す単語。

とのことで、やはり問題有りかな?
では何が適切か・・・宿題にさえてください。

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ