« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月27日 (月)

ドンとこい冬将軍!

金曜日にまとまった雪が降ったと思ったら

Img_9623

日曜日は快晴で
除雪用具の手入れをしました

Img_9650_20231127175901

タイヤは既に履き替えたし 雪囲いも完了
スノーダンプやパワーショベルには
着雪予防のスプレーをたっぷりかけ
あとは除雪機のバッテリーが入荷次第交換するだけ
こうして冬支度はほぼ完了しました

だから、ドンとこい冬将軍!
(こうやって準備が整うと なかなかこないんだよね・・・)

2023年11月24日 (金)

今月最後の小春日和?

昨日今日と気温が上昇し
絵に描いたような「小春日和」でした

しかし、明日から気温が下がり
今日のようなポカポカ陽気は最後かも?
そして週間予報では雪マークもちらほら

そんなわけで週末は冬支度です。
手始めとして除雪機のバッテリーチャージを実施
(前放電していたので15時間以上かかりそうです)

忙しくなりそうです。

2023年11月21日 (火)

寄らば大樹?

このブログもそうですが、利用しているプロバイダーはニフティです。
たぶん短めのメールアドレスを探していて
「ocn」か「nify」が残りニフティを選択したんだと思います

ところがここ最近
トップページのオリジナル設定がリセットされる不具合が続き
カスタマセンターに問い合わせるも解決せず
つい先程、有料の「まかせて635」サービスに登録し
リモート操作で動作確認してもらい解決しました。

いずれのサポートも待ち時間いらずで繋がり
親切丁寧に対応してくれました
機械音痴にとって頼りになるプロバイダーです。

2023年11月20日 (月)

2023年の初積雪

先週の月曜日は雪が舞い
「初雪降りました」と紹介しましたが
19日の土曜日は下の写真のように初積雪となりました

Img_9603

ところで11月の19日は

「いい(11)いき(19)」の語呂合わせから。いい息の日
「いい(11)いく(19)じ」  〃 いい育児の日
「いい(11)じゅく(19)せい」〃 いい熟成ワインの日
●「いい(11)じゅく(19)」  〃 いい塾の日 なんだそうですが・・・

忘れてならないのが!一茶忌
そう郷土が誇る俳人・小林一茶の命日なんです。

そして例年この日は天候が荒れることで有名なんですが
5月5日の誕生日は「晴れの特異日」ですので帳尻は合っているのかも(笑)

2023年11月16日 (木)

友 遠方より来たる

糸魚川市に住む友人が遊びに来てくれました
こんな手土産をぶら下げて

Img_9600


最初は「ワンカップ」5本詰めかな?と思いましたが
堂々の300㎖ビンが5本
こんなセット商品初めてみました

Img_9601_20231116184701

そして裏にはイラストマップ

ゴチになります!
本ブログにのコメンテーター「俺だよオレ」さん

2023年11月13日 (月)

初雪降りました

今日の信濃町の最低気温は0.2度
そして朝から雪がちらつき始めました。

去年のブログを調べたら
12月の5日が初雪でしたので
今年は三週間早いことになります。

今年の長期予報は「暖冬」とのことですが
どうなることやら・・・

2023年11月 8日 (水)

新聞をめくる音がうるさく感じる?

本日 補聴器の調整にみえたM様(75才 女性)
「新聞をめくる音がきになる」とのこと
そんな時は実際に新聞紙を用意して
その音を再現するのが当店の音質調整法
私が新聞紙をめくり、その音を聞いていただいたところ

M様「あまりうるさくありません」
私 「ではこの音は?(意識して音を大きくしてみる)
M様「まだ大丈夫!私自分自身で新聞を読むときもあまり気にならないのですが・・・」
私 「ではどんな時うるさく感じるのですか?」
M様「私の近くで主人が新聞を読んでいるとき、すごく大きな音なんです」
私 「???」

そこで新聞紙を大げさに開閉してみたところ
M様「そっ そんな感じ!」

思わず申し上げてしまいました。
「これって、ほぼ嫌がらせの音ですよ!」
M様「笑笑笑」

結局、音質調整は中止し(通常は高域の増幅率を下げます)音量を少し下げ
M様にはご主人が新聞を読む際少し離れていただくよう御願いし
しばらく様子をみることにしました

このように、よ~~く話を聞く事が補聴器調整には欠かせません。

2023年11月 6日 (月)

映画「おしょりん」を観てきました

日本のメガネの95%を作っているのが福井県鯖江市
その歴史を史に基づき描かれた作品が「おしょりん」

「おしょりん」とは福井県の方言で堅く閉まった雪の状態
(当地では「寒中渡り」と言います)

その上を歩けば回り道でせず好きなところにまっすぐに行ける
いくつになっても、どんな時も
夢に向かって自由に突き進もうという想いが込められた
挑戦と情熱と愛の物語です(パンフレットより)

Photo_20231106171001

途中三回ほど目に汗かきました。
そしてメガネに対する先人たちの思いを知りました。

メガネ販売を生業とする者は
必ず観るべき映画だと思います。

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ