家族

2021年2月22日 (月)

娘Bのお雛様

このブログの読者様はご存じのとおり
我が家にはAB二人の娘がいます。(長女=A 次女=B)

そして先日のブログ「三年ぶりのお雛様」
カミさんの実家からいただいた豪華七段飾りのお雛様を
みせびらかし紹介しましたが
実は娘Bが生まれたときにも頂戴したんです。

当初、私は辞退したのですが、多分カミさんが
「嫁入りの際持たせるから!」とか言って
自分が選んで買ってもらったのがこれだ!

Img_63712

コンパクトですが、その作りはしっかりしていて
結構高かそうなお雛様・・・

お顔の作りも
長女のお雛様はキリリとしているのに対し
次女のお雛様は微笑んでいるようです。
(私は密かに「ポチャ雛」とよんでます 笑)

あと何回飾れる?
そう思うとチョッピリブルーになるオプトパパであります。

2021年1月25日 (月)

2021年の初詣

今年最初のブログで

三密を避けるというい 
言い訳 意味から
地元の氏神様への二年参り並びに善光寺への初詣を ズルして やむなく中止し
外出も極力控え「朝寝、朝酒、朝湯」の小原庄助三昧のお正月でした

と書きましたが、それから3週間が経った定休日の24日
カミさんと一緒に初詣に行ってきました。

Img_6254
(絵に描いたようなチョイ悪親父:カミさん撮影)

ご覧のように境内はすいていて
チョット拍子抜けしました。

毎年、大勧進で「だるま」と「破魔矢」と「熊手」を購入するのですが
熊手は既に売り切れており残念!

帰宅後調べたら当日は「大安」だったので
夕食の際、帰省していた長男も交え、だるまの目を入れました。

我が家の新年のルーティーンも、つつがなく執り行われ
コレで安心して過ごせます。

2020年11月24日 (火)

猫専用タンブラー?

勤労感謝の日もしっかり働いたオプトパパです。
(でもブログは休んじゃいました ^^; 

ところで我が家には
紅茶に氷を浮かべたり
熱いラーメンなど一旦取り皿に移し
冷めてから食べるお年頃の猫が一匹
その名は「娘B」(次女です)

それも個性・・・とは言ってはみるものの
なんとかしてあげられないか?と考えるのが親心
そんなときネットで見つけたのがコレ

「猫舌専用タンブラー」(←ドラえもん風にお読みください)

Img_6046

何でも、熱い飲み物が3分で飲み頃の温度になるとか
その上1時間経過しても飲み頃温度をキープするとか
早速試したところバッチグー(←昭和の表現)

これって日本人ならではの発想でしょうね。
娘Bに感謝されたことはいうまでもありません。

ちなみに猫舌というか、熱い料理の少ないのがフランスだそうです。
なぜかというとフランス語には母音が多く
舌先をやけどすると会話しにくくなるからとのこと(諸説ありそうですが)
ならばフランスで大ヒットするのでは?
そんな楽しいニュースを気長に待ちましょうかね。

2020年11月 2日 (月)

オプト家のハロウィン2020

オプト家のハロウィンの様子です
娘Aがハマっている「切り絵」でメッセージボードを作成し
その様子をカミさんがインスタに上げようとしています。

Img_6004

テレビニュースではコロナ禍でも東京や大阪で
仮装して楽しんでいる若者の様子を伝えていましたが
それも一部で全体に寂しいハロウィンとなりました。

何事も来年こそは! ですね

2020年10月19日 (月)

計算が甘かった!

昨日の定休日、カミさんと娘A・B
そして私の4人で「ラッセン展」を見た帰り
会場正面に見えたのが、お菓子の特売で有名な「台東食品」

A

「ちょっと覗いてみようか!」と私が言うと
娘AB共に「ダイエット中だから、見るだけ見るだけ」
「(なら大して買わないだろうと思い)大丈夫、父がおごるよ」
そんなこと言いながら入店すると・・・
バリエーション豊かなお菓子 見たことないようなお菓子 昔懐かしいお菓子が大量陳列

最初はカミさんが遠慮がちに調味料など、不足している食材を籠に入れていたものの
誰かが「あっ!これ美味しそう」と籠に投入すると
後は堰を切ったように買い物が続き籠いっぱいのお菓子の山。
そして支払金額は何と5千円オーバー(私の計算が甘かった(*_*)

どうやら我が家の女性陣の味覚中枢は非常に発達しており
時として「遠慮」などという感情をも吹き飛ばすようです。

2020年10月 2日 (金)

チーズフォンデューやってみた

先日、カミさんと娘A(長女)と3人で買い物に行った際
娘Aの目にとまったのがチーズフォンデューセット

早速、パンやらエビやら野菜を切って鍋の中にはワインとチーズを入れ
食材を串に刺してチーズをまとわせましたが・・・
チーズとワインの混合比、並びに火加減がちょっとむずい

Img_5900

最終的にはチーズの量を減らし
時折火力調整(着火剤を付けたり消したり)をしたら
チーズが焦げることなく、丁度良いあんばいにチーズが絡みました。

でも・・・・・

食材の上に熱いチーズを掛けた方が早いかも?ウマイかも?
男はムードよりガッツリが好き!

2020年9月 7日 (月)

オプト家のかき氷

残暑が続いています
そこで定休日の日曜の三時のおやつは「かき氷」

氷をけづってシロップを掛けるのではなく
オプト家のかき氷はというと・・・

Img_5754

スカイをミキサーにかけ
種や繊維質をこした、いわゆるスイカジュース作り
それをダイレクトに凍らせ、かき氷器で削る

当たり前ですが、キンキンに冷えたスイカ果汁
くせになりそうです。

2020年9月 1日 (火)

今日9月一日は・・・

今日9月1日は・・・そう「防災の日」
1923(大正12)年のこの日、関東大震災が起こり

その大惨事を忘れないため、また台風の被害の多い時期であることから
1960(昭和35)年に国土庁(国土交通省)が制定したとか

今日9月1日は・・・そう「キウイの日」
「キュー(9)イ(1)」の語呂合せから
ニュージーランド産キウイフルーツの輸入等を行っている会社が制定。

そして今日9月1日は・・・何と!オプトパパ&オプトママの結婚記念日
そして長男Tの2〇(←ゼロではありません丸です。個人情報です。笑)回目の誕生日

だから こんなめでたい夜は

そうだ!ビールを飲もう
ワインも飲もう!(もちろん銀婚式祝いのグラスで!)
お酒も飲もう! (もちろん還暦祝いの器で(あっ!これも個人情報))


( ^^)/▽☆▽\(^^ ) カンパーイ!

ひやぁぁぁぁぁぁ...!!! うめぇぇぇぇぇぇ...!!!

2020年8月 3日 (月)

コロナ禍での葬儀

先週、伯母の急逝もあり
ブログの更新もおやすみしていましたが今日から再開です。

伯母は父のすぐ上の姉で享年91歳
偶然お見舞いに来ていた妹二人が見ている前で息を引き取り
誰もが異口同音に「ドラマのような見事な大往生」

コロナ禍ということもあり、三密を意識した葬儀でしたが
それ故に、限られた人数で丁寧にお見送りできたように思います。

残された二人の叔母の言葉が忘れられません
「先に逝った兄弟達が迎えに来て、私達(叔母A・B)が顔を見たのを確認して連れて行ったんだよ」
「本家の兄(長兄)も息子の腕の中で逝ったしね」
「きっとあの世で兄弟仲良くやってるよ」
「私達(叔母A・B)の時もきっといいタイミングで迎えに来てくれるはずだから安心だね!」

そういえば10年前に亡くなった父も
夜の付き添いで簡易ベットを用意しなががらの私の「おやすみ」の声と共に息を引き取りました。
年を重ねるに従い信心深くなる気持ちがわかるような気がします。




2020年5月 5日 (火)

ZOOM こんな使い方も

昨晩は母の86歳の誕生日
地元のお店「ほっこり」さんからテイクアウトした料理と
カミさんと娘A&Bの3人で作った料理が並びました。

ここに長男がいれば「オプト家全員集合!」なんですが
残念ながら配属先の上田地区で
新たにコロナウイルスの感染者が確認されたため移動自粛

そしたらカミさんが
「そうだZOOMがあるじゃない」
「お父さんのパソコンで接続すれば〇矢(←長男の名前)も参加できる」

そんなわけで食卓の上座に長男登場!

 Zoom

ハピバスデーの合唱と乾杯だけの参加となりましたが
母の喜びと驚きは・・・半端ないって!

ZOOMのこんな使い方もお勧めです。

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ