補聴器

2018年10月 3日 (水)

新たな機器

補聴器の測定コーナーで
銀色に輝くドーム状の機器

その名も「補聴器特性測定装置」

Img_8998800

フタを開けて補聴器を接続し
補聴器のマイクに向かい異なる周波数で
なおかつ複数の音量で音を流し
補聴器を通して増幅と音質調整された音を測定します。

Img_9007800


その結果が下のグラフとして表示されます。

Img_9008800

これにより、補聴器が適切に調整さっれているかどうか
パソコン上と同じ音が出ているかどうか(故障の有無)がわかります。

十数年ぶりの機器の買い換えですが
その進化に驚くオプトパパであります。
(進化イコール操作の複雑化!でも頑張るぞ!)

2018年7月23日 (月)

直江津駅から~の

直江津駅正面です

Img_2737800_2

駅前通りは「がんき」が未だに健在

Img_2740800_3

そして行った目的は観光ではなく
認定補聴器技能者の講習会

Img_1442800_2

5年毎の更新ですが
その間に7講座の受講が義務づけられており
今回は一番近い開催地で4講座受講しました。

猛暑の日本列島ではありますが
会場のエアコンが効きすぎて寒いくらい

帰宅後、湯船にどっぷりとつかって体温をリセットし
「頑張った自分にご褒美」ということで
おいしくビールをいただきました。

2018年7月20日 (金)

出前講座

先月の「聞こえの勉強会」に続き
地域の「お茶のみ会」?の幹事さんのご依頼で
再び「聞こえの勉強会」と言うよりも出前講座させていただきました。

Img_1422800

参加者の多くは既に旧知の方ばかりでしたが
真剣に耳を傾け、沢山の質問も頂戴しました

今回はプロジェクターもなくレジメ中心の説明でしたが
これも有りかな?と思いました。

難聴が正しく理解され
聞こえのバリアフリーに少しでもお役に立てればと
昨年から始めた勉強会ですが
ようやく内容の絞り込みができ、場所や機材を選ばず開催できますので
希望される方はお気軽にお問い合わせください。

2018年6月13日 (水)

聞こえの勉強会

町内にある居宅介護支援事業所様からの依頼で
「聞こえの勉強会」を行いました。

Img_0570800

15名の方に参加いただき「耳の構造」「高齢者の聞こえの特徴」
「誰にも伝わりやすい話し方」など40分間の講演

人に説明すると言うことは、自分の知識の確認にもなりますので
とても良い機会であり、自分にとってもためになる勉強会でした。

2018年5月 1日 (火)

10年日記

今日から5月
テンプレートも新緑バージョンに変え心機一転! 

ところで、こんなもの買いました

Img_8689800_2

そう、十年日記

中はこんな感じ

Img_8692800cut


「ブログも毎日書けない者が、10年日記なんて100年早い」

そうお思いの読者の方!
確かにおっしゃるとおりですがhappy01

実はこれ「未来の予定表」なんです。
未来といっても私のではなく、お客様の未来

つまり、お買い上げいただいた商品(主に補聴器を予定)の
メーカー保証や、有料の長期保証の期限を確認するために使うんです。

保証期間を過ぎると故障も多くなるのは機械の性
それはそれでお客様も納得されての修理ですが

「一月早ければ保証期間ギリギリで無料だったのに!」
そのような残念な思いを少しでも防ぐため
考えついたのがこの10年日記。

当店で補聴器等の機器を購入のお客様!
故障の有無に関わらず、修理期限間際にご連絡いたしますので
どうかご安心下さい。

2018年4月28日 (土)

これな~んだ!

これな~んだ!

Img_8660800

温度計?湿度計?

いえいえ ( ̄ー ̄)ニヤリ

こう使います

Img_8679800

答えは騒音計(サウンドレベルメーター)

何のため?
どのように使うかというと・・・

簡単に言うと補聴器が適正に調整されているかどうか
つまり健聴者と同じレベルの音を
補聴器を通して聞いているかどうか調べます。

上の画像で表示されている54.9dBとは
その瞬間にテレビから出ている音量ですが
一般に60dB相当の音が心地と良い音とされています。

そこで、この騒音計で音量を測定しながら音の大きさを変えていき
会話が最も聞き取れる時の音を調べ、補聴器の効果と調整に生かします

実際には耳鼻咽喉学会制作のCDを使用し
「あ・い・う・え・お」の中から最も使われる20語をアトランダムに流し
その正答率を用います。

お客様には負担を強いることのある測定ではありますが
その後の補聴器調整のベースとなりますので
ぜひご理解の程お願いいたします。

2018年1月20日 (土)

宅急便が届かない

最近補聴器を購入されたK様(男性86歳)

補聴器購入前の問診で必ず伺う
「聞こえ」に関して何がご不自由ですか?
の質問に対し、お答えになった回答は

A様「宅急便が届かない」
私「エッ・・・・・?」

A様「宅急便が伝票を置いて荷物を持ち帰る」
私「?????」

詳しくお話を伺うと、自分でテレビの見ている時など
(その音量が大きいせいか)玄関のチャイムが聞こえない
あるいは、声がけしてもらっているのだろうけれど、それにも気づかない
だから宅急便のドライバーさんは、やむなく伝票を置いて持ち帰るとのこと

補聴器販売を始め27年になりますが
このような購入動機は初めてです。
(そのため「音作り」も難しくなるわけですが)

生活形態や流通の変化により
コミュニケーション手段も変わっていますので
今後もこのような思わぬ需要(購入動機)が増える事でしょう。

今後もお客様としっかり向き合い
「聞こえ」に関してのご不便やご不自由を少しでも改善できるよう
頑張りたいと思います。

2017年11月29日 (水)

更新申請書完成

補聴器販売に関わる唯一の公的資格
認定補聴器技能者

その更新申請書が完成し発送しました。

Img_8187800_2

指導いただいている耳鼻科の先生のサインと申請書が2枚
そして最近5年間の補聴器フィッティング記録を二名分10枚

しんどかった~~~!

2017年10月12日 (木)

今後の宝

今月の一日に開催した「聞こえセミナー」
高齢者の方と接する機会の多い方を中心に
多数参加いただき無事終了いたしました。

そして、その際作った資料(パワーポイント)がただいま大活躍中

補聴器の調整等でお越しいただいた方のご家族様(付き添ってこられた方)に
待ち時間の間「聞こえの仕組み」や「難聴の種類」などの動画をご覧いただき
ご希望があれば「聞こえに不安のある方」との話し方など説明させていただいています。

資料作りでは本当に苦労しましたが
今までの知識を整理できたことと
一般の方にもわかりやすい、表や動画を集められたことが今後の宝となりました。

パソコン画面でよろしければ、いつでも店頭でごらんいただけますので
お気軽にお声がけください。

2017年10月 2日 (月)

「聞こえセミナー」

当店の創業55周年記念事業として行った
「聞こえセミナー」

Nk1800

補聴器をご利用いただいている方や、ケアマネージャーさん
そして一般の方など、様々な方にご参加いただきました。

Nk4800

いや~~
こうやって見ると貫禄ありますね
(貫禄とはコレステロールの別名)

Img_7856800

(上の二枚の写真は友人に撮ってもらいました)

準備に一ヶ月かかりましたが
お陰で今までの勉強の成果をまとめられ頭の中もスッキリ!

セミナーの内容は、店頭でもお見せできますので
ご希望の方はお問い合わせ下さい。

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

へっぽこ写真館

  • 生田アナとのツーショット
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

無料ブログはココログ