補聴器

2022年6月10日 (金)

電池交換ストレスのない「充電式の耳穴型補聴器」が大好評

今年の2月に発売された
「充電式の耳穴補聴器」が好評です。

ケース自体が充電器になっていて
使用後は赤(右耳用)青(左耳用)の窪みに挿入すると
自動的にスイッチが切れ充電が開始されます。

Photo_20220610184301

急速充電30分で6時間
4時間のフル充電で28時間利用することができます。

補聴器用の電池の大きさは5.5ミリからは8ミリ弱と大変小さく
「摘まむのも大変」とおっしゃる高齢者の方も多く
また冬期は電池の消耗も早いため交換頻度も増えます。

しかし充電式だと電池交換のストレスもなく
充電時の電気料も月数円(確か3円程度)

従来の充電式補聴器は耳掛け式のみでしたが
コロナ禍においてマスクを外す際補聴器も外れてしまう
という不便さから耳穴式補聴器の需要が高まり
満を持しての「充電式耳穴補聴器」の登場です。
きっと充電式補聴器は今後の主流となることでしょう。

2021年11月 8日 (月)

予約日は天気次第

昨日の日曜は「立冬」
いよいよ冬を意識する時期になりました。
しかし今日の最高気温は昨日より7度高く
いわゆる「小春日和」の1日

そんな事から補聴器のクリーニングや点検の予約日を
「11月初旬の天気のよい日」とされていたお客様3名にご来店いただきました。
なぜ天気のよい日かというと、当店まで徒歩や自転車で起こしになられるため
なりべく足下のよい日(高齢者の方の転倒予防)を予約日としています。
当然お待たせしないよう、他のお客様とバッティングしないよう
お電話をいただいてのご来店です。

そしてこれからの季節は路面の凍結や吹雪による「ホワイトアウト」
視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象)
も考慮し、全てのご予約客様に対し「運転に支障がありそうなお天気の時は
遠慮無くご予約キャンセルください。ドタキャンもOKです」と申し上げています。
雪国での運転や歩行は時として命にかかわることもありますから・・・

2021年8月18日 (水)

俺たち太鼓持ちかよ!(笑)

本日、初めての補聴器をご購入いただくK様(80歳女性)
娘婿のK氏と一緒に再度ご来店いただきました。

このK氏は古くからの友人でとても楽しい方。
義母様がご自宅で当店のチラシをご覧になり
補聴器購入を相談したところ直ぐ迎えに行かれ
初回の検査の段階から連れ添っていただいています

そして今日はオーダーメイド補聴器の引き渡し日
マスクとフェイスシールドを装着した私が右に座りK氏は左の席

私が当店自慢のオリジナル取説を使用して説明をはじめると
K氏が即座にフォローしてくれます。
特に補聴器のはめ外しや、最初は面倒な電池交換など
私以上に丁寧に、そして上手にできたときには褒めながら

私もそれに合わせ
「K様スゴイですね!最初からこんなにできる人めづらしいですよ!」
するとK氏も「義母さん、さすが!完璧!100点」

するとK様が真顔でポツリと一言「声が大きい」
K氏と私、思わず顔を見合わせ「俺たち太鼓持ちかよ!」と大笑い

おかげで場はすっかり和み、順調に説明と引き渡しができました。
K氏、いやマーちゃんありがとう!

2021年6月 1日 (火)

補聴器選びは、お店選びから。

6月6日の「補聴器の日」を前に
両面カラー印刷の補聴器チラシが完成し明日折り込まれます。
(チラシ配布対象外の地域にお住まいの方は
 PCの場合画像をクリックいただくと読める程度に拡大します)  

A面は6月6日は、なぜ補聴器の日か?から始まり
私の補聴器に対する思いと
補聴器をご利用いただくまでの流れをイラストで説明

Vol8a

B面は補聴器の調整方法がメインです。

Vol8b

ひな形に修正を加え今回で8号となります。
ご意見ご感想お待ちしております。
(ご来店が1番嬉しいです(^o^)

2021年5月 7日 (金)

すぐやれば直ぐ終わる

当店の補聴器販売スタイルは
「お客様と二人三脚で音造り(音探し)」すること

だから補聴器の調子がよい場合でも
2~4ヶ月毎にご来店いただき
清掃と点検と音質音量調整をしています。

ところでお客様の補聴器は多種多様で
電池も4種類あればPCとの接続方法も3通りあります。
その都度カルテをひっくり返したり現物を見て確認してますが
その作業を簡素化し接客スピードを上げられないかと考え
作製したのが下のスタンプ(PCの方は画像クリックで拡大されます)

Img_6668

左から①お客様の嗜好品(コーヒーORお茶)
②使用電池の種類 ③パソコンとの接続方法(インターフェイス)
④補聴器の乾燥方法(シリカゲルOR機械乾燥)
そして⑤リモコンやボタンスイッチが装備されているかどうか
これで調整がスムーズに行え、そしてスマートに接客できます。

スタンプ利用のアデアを思いついてから半年
内容決定に三日 作製に二日(なんせ「明日来る」さんですから  笑 )
すぐやれば直ぐできたのに・・・

そこで本日のご教訓(友人からのパクりですが)

「すぐやれば直ぐ終わる 後回しにするとなかなか終わらない」

2021年3月26日 (金)

やっちまった!

昨日のブログで
「気分新たに新年度を迎えよう!と自分に気合いを入れるオプトパパであります。」
と書きながら、本日午前11時の店内には3組6名の予約のお客様がおられました。

そうトリプルブッキング! やっちまった!

3組のうち一組のお客様は「30分あれば大丈夫だろう」と
店の都合で10時半予約をお受けし、定時にご来店いただくも
諸事情により対応に手間取り大幅な時間オーバー
残りの二組のお客様は本日11時のご来店予約で同時に入店され
絵に描いたようなダブルブッキング

コロナ禍ということもあり、それぞれ離れてお座りいただき
事情を説明し同時進行で作業を進めましたが、皆様ニコニコ顔で
「昔、狂言師の和泉元彌もそんな事やったよね!」と話が盛り上がり
その間に対応を済ませご勘弁願いました。

通常は午前2組午後3組を上限に
補聴器の販売と調整、新規メガネの予約をとらせていただいております。
特に補聴器調整は「予約カード」まで作製し万全の体制で臨んでいますが
予約変更の電話を受けておきながら
店の予約スケジュールを書き換えなかったことが今回の原因

作業場の整理整頓も大切ですが、予定や情報の管理も重要だと
あらためて思い知った今日のトリプルブッキングです。

2021年3月19日 (金)

2/10㎜を削り出せ!

耳穴補聴器作製の際、耳の中を観察する「オトスコープ」
その電球が切れたのでメーカーに問い合わせるも
古い品(20年以上使います)なので在庫がないとのこと

そこでネットで検索すると
同規格の互換製品があったので
早速発注2週間後に入荷しました。

Img_6417

しかしサイズが大きくて入らない
品番や規格を確認して購入したのに~~ (>_<)

そういえばネットでの発注直後
サイトも商品も「中〇製」だったことが判明し
抱いていた不安が見事に的中(なんてこったい!)

Img_6420

ノギスで計ったらプラスチック部分が
2/10㎜ほど太いことが判明し
それなら、そこだけ削ればいいじゃん!

Img_64252

ということで、発光部をセロテープで保護し
メガネの加工などで使うにルーターで
プラスチック部分の研磨開始!

Img_6419

作業すること数十分
太さが純正品に近づき、装着もできて作業完了
(炎のように見えるのは強力な光束です)

Img_6421

作業しながら頭に浮かんだのは
駅伝の名門、東洋大学のスローガン「その一秒を削り出せ」

「2/10㎜」の削り出しで自信を付けたオプトパパが次に目指すのは
メタボ脱出のあしがかりとして「その3㎏を削り出せ!」

どうなりますことやら(笑)


2021年1月 8日 (金)

補聴器における三日坊主予防法

昨日、一昨日と一般的な三日坊主の予防法について書きましたが
今日はその番外編として
「補聴器における三日坊主予防法」について記したいと思います。

月一でアップさせるチラシをお読みの方はご存じのとおり
当店の補聴器調整法は「積み上げ式調整法」です
(PCの方は下の画像をクリックしてください。拡大します)

Vol176b_20210108153401

簡単にいうと「補聴器の出力を、ターゲットゲイン(目標の音量)の70%からスタートして
徐々に音量を上げ、約3ヶ月掛けて脳に馴染ませる調整法」です。
この方法をご理解の上実践いただくと補聴器装用率(成功率)はほぼ100%

ただし、そのためには毎日8~10時間使用いただく必要があります。
三日坊主になると脳の興奮が収まらず、音量を上げると常に「騒がしい」と感じてしまい
いつまで経っても聞こえにくい状態が続き、その後は高額な「タンスの肥やし」(←古語?)となってしまします。
そこで補聴器お渡し時に「三日坊主予防策」として御願いすることは2つ

「洗顔後に装着してくださいね!」←( 既に習慣となっている事に付け加える)
「ストレスを感じたら、いつでも外していただいて結構ですヨ!」←(チョットだけやってみる )

このように説明してお渡しすると
ほとんどの方が後購入着後から10時間近く装用(使用)していただけるようになり
メーカーの担当者さんも驚いています。

そんなわけで、補聴器のお求めはオプトコバヤシで!(笑)

2020年10月28日 (水)

最新の耳穴補聴器を詳しくご説明いたします。

最新の耳穴補聴器です。

カラーも8色から選べ、異なる色を選ぶと
左右の識別が簡単になります。

シリアルナンバーはもちろん、お名前も刻印できます。
(入浴介護の際、一時預かりされる施設関係の皆様に大好評です。)

Ha

それぞれの補聴器に付いている透明なヒモのようなものは
「取り出し用テグス」といって、これを引っ張ると簡単に外せます。

その下の四角い部分は電池を収納する「電池室」の扉
さらにその横の飛び出している部分は
「環境スイッチ」と呼ばれ、これを押すことにより音質や音量を調整できます。
(押しにくい方にはオプションとして、手のひらサイズのリモコンもあります)

さらに最近の補聴器はブルートゥース機能もあり
専用の機器をテレビに取り付けるとテレビの音声を直接聞けたり
音楽プレーヤーの音も楽しめます。

補聴器に関しては三年一昔で
価格は一定しているものの、新しい機能がスタンダード化しています。

2020年8月 7日 (金)

頭もお腹も満腹の1日

本日は臨時休業して補聴器講習会に参加しました。
場所は長野市の「トイーゴ」学習室

Photo_20200807180901

新商品のコンセプト説明ゃ試聴
調整ソフトやアプリの紹介 等々
三密を回避して5時間

10名弱の参加者が和気藹々と学び
終了後は名刺交換し、また仲間が増えました。

あまりにも真剣に受講した物だから
写した写真は家族ラインに送ったお弁当だけ(笑)

Img_5600

頭もお腹も満腹の、充実した1日でした。

より以前の記事一覧

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ