補聴器

2020年7月 6日 (月)

「認定補聴器技能者」講習会

補聴器販売における唯一の公的資格「認定補聴器技能者」の
資格更新のための講習会が直江津の某ホテルにて行われました

Img_5359

3科目×90分の講習会ですが
2名の講師先生はリモート参加

Img_5356

長テーブルに2名(間隔は50センチ?)で結構「密」状態ですが
前後の間隔は広く取られており、ドアは常時解放。
当然マスク着用が受講条件でしたが
私の席は最後尾の左隅の席だったためラッキー!

5年間で8科目の受講と
3名のお客様の調整記録の提出が義務づけられています。

今後さらに精進の毎日です。

2020年4月16日 (木)

幸か不幸か?

補聴器の調整にみえるお客様の約七割の方は
ご家族と一緒に(ご家族の運転で)来られます。

そして、そのほとんどが
娘さんや、お嫁さんや、孫娘さんといった女性陣で
一緒に入店され、日頃の使用状況や装用効果など教えて下さいます。

で、数少ない男性陣はというと・・・

駐車場の車の中で待たれていたり
「よそで買い物してるから(調整が)終わったら連絡して!」と
別行動をされる方の多いことが特徴です。

別に家族に冷たいとか、情がないとかいうのではなく
単純に男女間の違いなんでしょうね

そういう私も高齢の母との話は続かず
「補聴器を上手に利用して言葉のキャッチボールをしましょう!」
と言っていながら短い会話になることがほとんど(母も当然補聴器使用者)


息子にいたってはラインの返信が
「おけ」(オッケー)「りょ」(了解)の2文字ですますことが多く
娘達が多用するスタンプの方がよほど意思の疎通に役立っています。

幸か不幸か?(家族が)家で過ごす時間が多くなった今
会話の重要性を再認識しているオプトパパであります。

2020年2月28日 (金)

耳掛け式補聴器の落下や紛失を心配されている方へ!

過日「耳穴式補聴器の落下や紛失を心配されている方へ!
のタイトルで落下防止ストラップの取り付け方を説明しましたが
では「耳掛け式」の場合は?

お待たせいたしました。
当店オリジナルの「耳掛け式補聴器の落下&紛失防止対策」はこれだ!

Img_9899

補聴器の隙間にワイヤーを通し特殊加工で「わっか」を作ります
そこに耳穴式と同様の「落下防止ストラップ」を取り付けると
従来の(簡易取り付け)ように、補聴器の装着が難しくなったり
ストラップの金具と補聴器本体が接触し発生する不快音が軽減されます。

この方法は、たぶん当店だけだと思います。
今年一番の(←まだ二月ですが)「頑張った大賞」ものだと自負してます。

そんなわけで
頑張ったご褒美に

そうだ!ビールを飲もう!

ひや~ うめぇ~~~~~

2020年2月24日 (月)

キャリーケース買いました

キャヤリーケース買いました。
海外旅行?エンニャ(←「いいえ」の方言)

Img_9875

昨年の6月から「土曜の午後は訪問日」ということで
そこで使う補聴器の調整機材やメガネの工具等々を鞄に詰めるとこんな感じ
お客様宅へは2~3回運ばないと仕事になりません。
雨の日なんかは、そりゃもう大変のなんの(地面には置けないしね)

Img_9870

そこで考えたのがキャリーケースへの収納

Img_9873

ほら見て!荷物が三つになった!
これなら車への搭載や運搬も楽ちん
いい買い物しました。

2020年2月10日 (月)

補聴器セミナー2020

久し振りに上京し
補聴器のセミナーに参加しました。

Img_15811

講師先生のお一人がドイツ人で

Img_9830

生まれて初めて同時通話機を使用しました

Ivsg66881

その後、高校の同級生と合流し
楽しい一時を過ごしましたとさ

Vkde55772_20200210150901  

翌日は上野の国立博物館で「出雲と大和」の特別展を見てきましたが
詳しくは来月のチラシをご覧下さい!(←チラシのネタ探しのセミナー旅行だったのかよ)

2020年1月14日 (火)

耳穴式補聴器の落下や紛失を心配されている方へ!

何やら赤い物に金具をひっかけようとしています。

Photo_20200114160601

クレーンゲームで見事商品をゲットしたときのよう

Photo_20200114160602  

実はこれ
耳穴式補聴器に「落下防止ストラップ」を取り付けた写真なんです
(両耳装用の場合は首の後ろに回し、片時の場合はひもの片側を衣類に止めて使用します)

本来、耳穴式補聴器は使用される方の耳型を採取し
その型から外形を作成して作るオーダーメイド品ですので
通常は耳から落ちるケースは希なんですが
落下や紛失を心配される方も多く「念のために」ということで
当店ではご購入時のメンテナンスキットに加えることといたしました

そこで「当店オリジナル取説」にも新たなページを加えるため
撮影した中の二枚です。

2019年10月25日 (金)

補聴器の電池は「お知らせ音」が聞こえなくも電圧低下することがあります。

車も、スマホも、パソコンもそうですが
概ねエメルギーを消費する機器の場合には
フル~エンプティーまでの残量表示が必ずあります

そして当店で販売している補聴器もそうなんです。
補聴器の場合は目に見えるのではなく「耳で聞く」
つまり電圧が低下するとお知らせ音で知らせてくれるんです。

ところが補聴器で使用する「空気電池」はエネルギー源の電解液が徐々に蒸発するため
使用していなくても電圧が低下する場合があるんです

つまり未使用時に規定の電圧を下回ると
お客様が、お知らせ音を確認できない状態で音が聞こえなくなるんです。

今日のお客様がそうでした
「急に聞こえなくなったんだよね!」
「耳悪くなったのかしら?」
「電池はまだあるはずなんだけど」
調べたところ電圧はほぼゼロでした。

電圧低下は音で知らせてくれるけれど
上記理由で「必ず聞こえるわけではない」ことをもっと明確に説明しなければなりません。

何年やっていても、お客様から教わることの多いオプトパパであります。


2019年9月12日 (木)

今年一番の買い物

黒い皮ケースに入っている
スマホのようなモノ

Img_9641

パソコンなどに接続して使います

Y_mpcd1_mobile_charge_20190912183801

それを
同時に購入した80インチのスクリーンに投影すると

Img_9669

ホームシアターのできあがり!(旧宅の茶の間です)
この小さな機械の正体は、ソニーのモバイルプロジェクター

本来の目的は一昨年に当店が始めた「聞こえ出前講座」
そこで使うために購入したのですが
明るさも画質もなかなかのモノで今年一番の買い物となりました

「お高いんでしょう?」の声が聞こえてきそうですが、それほどでもありません。
プロジェクタースとクリーン合わせて✋程度で購入できました

有効活用のためにも出前(出張)先を積極的に探し
多くの方に高齢者の方や難聴の方の「聞こえ」を知っていただき
難聴者の方に優しい聞こえ社会と
よりよいコミュニケーションの実現のためお役に立ちたいと思います。


2019年7月18日 (木)

ご縁を大切に

本日、補聴器をご購入いただいたT様
注文の際には(男の)お孫さんと一緒でしたが
本日、お渡しの際にはお嫁さんと共にご来店いただきました。

そして、実はそのお嫁さん
我が家の子供達二人の同級生のお母さんで
最初はちょっとビックリしました。

確かに
実の両親や、嫁ぎ先の舅・姑さんもそろそろ高齢となり
補聴器を必要とされる方も増えてきています。

あまり深くは聞きませんでしたが
もしかして補聴器販売店として当店をお選びいただいたのは
お嫁さんのお勧めかも?

そんなご縁を大切にしていきたいと思います。

2019年3月11日 (月)

補聴器を使い出したら、性格も変わり人相も変わった。

「補聴器を使い出したら性格も変わり人相も変わった」

長いタイトルになりましたが
お客様からその通りに言われ、驚いています。

そんなご報告をしてくださいましたのは
ご夫婦二人で生活されているK様の奥様
お二人とも80代後半ですが、とても元気のよい方です。

以前よりご主人様の「聞こえ」が悪く
奥様の勧めで(補聴器店で)補聴器を購入するも
補聴効果が実感できなかったり
販売員との相性が悪かったりで2回失敗。
そして当店が3軒目でした。(以上のことは後日知りました)

聴力測定後、ご希望の機種やご予算を伺い
ご購入後は当店推奨の「宇都宮病院方式」
(別名「積み上げ式調整法」)にて調整をスタート

この調整方法は、言葉を聞き取る際必要な目標音量(利得)を
一旦3割落とし70%の音量から徐々に音を大きくし
同時に音質調整も行える画期的な方法です。

そして半年が過ぎ先先日の日曜日にご自宅に伺うと
(諸事情によりご来店いただ家ない方へは訪問もいたします)
K様と奥様はニコニコ顔で迎えてくださいました。

そして調整の合間、K様が席を立った際に奥様が私に
「最近、性格が温厚になり(夫婦間での)ケンカも少なくなりました」
「お友達の方が主人の顔を見て”優しいお顔になられましたね”と言ってくださるの!」
と、笑顔で語られるではないですか!

長年補聴器を「会話をするため、日常生活を快適にするための医療機器」
として販売してきましたが
お客様の人格やお顔つきまで影響を与える商品だったとは・・・

お話を伺い感動すると同時に
認定補聴器技能者としての責任を強く感じたオプトパパであります。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ