補聴器

2019年7月18日 (木)

ご縁を大切に

本日、補聴器をご購入いただいたT様
注文の際には(男の)お孫さんと一緒でしたが
本日、お渡しの際にはお嫁さんと共にご来店いただきました。

そして、実はそのお嫁さん
我が家の子供達二人の同級生のお母さんで
最初はちょっとビックリしました。

確かに
実の両親や、嫁ぎ先の舅・姑さんもそろそろ高齢となり
補聴器を必要とされる方も増えてきています。

あまり深くは聞きませんでしたが
もしかして補聴器販売店として当店をお選びいただいたのは
お嫁さんのお勧めかも?

そんなご縁を大切にしていきたいと思います。

2019年3月11日 (月)

補聴器を使い出したら、性格も変わり人相も変わった。

「補聴器を使い出したら性格も変わり人相も変わった」

長いタイトルになりましたが
お客様からその通りに言われ、驚いています。

そんなご報告をしてくださいましたのは
ご夫婦二人で生活されているK様の奥様
お二人とも80代後半ですが、とても元気のよい方です。

以前よりご主人様の「聞こえ」が悪く
奥様の勧めで(補聴器店で)補聴器を購入するも
補聴効果が実感できなかったり
販売員との相性が悪かったりで2回失敗。
そして当店が3軒目でした。(以上のことは後日知りました)

聴力測定後、ご希望の機種やご予算を伺い
ご購入後は当店推奨の「宇都宮病院方式」
(別名「積み上げ式調整法」)にて調整をスタート

この調整方法は、言葉を聞き取る際必要な目標音量(利得)を
一旦3割落とし70%の音量から徐々に音を大きくし
同時に音質調整も行える画期的な方法です。

そして半年が過ぎ先先日の日曜日にご自宅に伺うと
(諸事情によりご来店いただ家ない方へは訪問もいたします)
K様と奥様はニコニコ顔で迎えてくださいました。

そして調整の合間、K様が席を立った際に奥様が私に
「最近、性格が温厚になり(夫婦間での)ケンカも少なくなりました」
「お友達の方が主人の顔を見て”優しいお顔になられましたね”と言ってくださるの!」
と、笑顔で語られるではないですか!

長年補聴器を「会話をするため、日常生活を快適にするための医療機器」
として販売してきましたが
お客様の人格やお顔つきまで影響を与える商品だったとは・・・

お話を伺い感動すると同時に
認定補聴器技能者としての責任を強く感じたオプトパパであります。

2019年1月18日 (金)

聞き違い

補聴器を販売しておりますので
聞き間違えやすい言葉はよく知っています

例えば・・・
岡田さん→お母さん  環境→反響  再度→態度 日本一→見本市など

ところで昨晩の夫婦の会話

嫁「お父さん 明日○○←(休暇中の長男)と一緒に金沢に行ってくるね!」
私「へ~遠くまで行くんだね 電車で?」
嫁「ううん 車で行くよ」
私「何しに?」
嫁「アウトレッドで買い物」
私「ふ~ん(金沢に大きな商業施設でもできたのかしら?)」
嫁「お土産何がいい?」
私「カニ!←(即断)」
嫁「エッ そんなの売ってないよ!」
私「近江町市場があるじゃん!」
嫁「何言ってるの!軽井沢へ行くんだよ!」

嫁の滑舌が悪いのか?
それとも私の耳が悪いのか?

次回補聴器販売の際に使います!(つかみはOK) 

2019年1月16日 (水)

リーフレット完成

今日届いた荷物は
待ちに待った手作りリーフレット

Img_9145cut

試行錯誤の上
テイク20までかけて作り込みました。

Img_9143cut


詳細は下記のとおり
(画面をクリックしていただくと拡大します)

18a800_2
三つ折れですので、内容を三分割するわけですが
きれいに折れて、文章の中心が左右に偏らないようにするのが大変

18b800
無料配布いたしますので、お近くの方はご来店ください。

2018年10月 3日 (水)

新たな機器

補聴器の測定コーナーで
銀色に輝くドーム状の機器

その名も「補聴器特性測定装置」

Img_8998800

フタを開けて補聴器を接続し
補聴器のマイクに向かい異なる周波数で
なおかつ複数の音量で音を流し
補聴器を通して増幅と音質調整された音を測定します。

Img_9007800


その結果が下のグラフとして表示されます。

Img_9008800

これにより、補聴器が適切に調整さっれているかどうか
パソコン上と同じ音が出ているかどうか(故障の有無)がわかります。

十数年ぶりの機器の買い換えですが
その進化に驚くオプトパパであります。
(進化イコール操作の複雑化!でも頑張るぞ!)

2018年7月23日 (月)

直江津駅から~の

直江津駅正面です

Img_2737800_2

駅前通りは「がんき」が未だに健在

Img_2740800_3

そして行った目的は観光ではなく
認定補聴器技能者の講習会

Img_1442800_2

5年毎の更新ですが
その間に7講座の受講が義務づけられており
今回は一番近い開催地で4講座受講しました。

猛暑の日本列島ではありますが
会場のエアコンが効きすぎて寒いくらい

帰宅後、湯船にどっぷりとつかって体温をリセットし
「頑張った自分にご褒美」ということで
おいしくビールをいただきました。

2018年7月20日 (金)

出前講座

先月の「聞こえの勉強会」に続き
地域の「お茶のみ会」?の幹事さんのご依頼で
再び「聞こえの勉強会」と言うよりも出前講座させていただきました。

Img_1422800

参加者の多くは既に旧知の方ばかりでしたが
真剣に耳を傾け、沢山の質問も頂戴しました

今回はプロジェクターもなくレジメ中心の説明でしたが
これも有りかな?と思いました。

難聴が正しく理解され
聞こえのバリアフリーに少しでもお役に立てればと
昨年から始めた勉強会ですが
ようやく内容の絞り込みができ、場所や機材を選ばず開催できますので
希望される方はお気軽にお問い合わせください。

2018年6月13日 (水)

聞こえの勉強会

町内にある居宅介護支援事業所様からの依頼で
「聞こえの勉強会」を行いました。

Img_0570800

15名の方に参加いただき「耳の構造」「高齢者の聞こえの特徴」
「誰にも伝わりやすい話し方」など40分間の講演

人に説明すると言うことは、自分の知識の確認にもなりますので
とても良い機会であり、自分にとってもためになる勉強会でした。

2018年5月 1日 (火)

10年日記

今日から5月
テンプレートも新緑バージョンに変え心機一転! 

ところで、こんなもの買いました

Img_8689800_2

そう、十年日記

中はこんな感じ

Img_8692800cut


「ブログも毎日書けない者が、10年日記なんて100年早い」

そうお思いの読者の方!
確かにおっしゃるとおりですが

実はこれ「未来の予定表」なんです。
未来といっても私のではなく、お客様の未来

つまり、お買い上げいただいた商品(主に補聴器を予定)の
メーカー保証や、有料の長期保証の期限を確認するために使うんです。

保証期間を過ぎると故障も多くなるのは機械の性
それはそれでお客様も納得されての修理ですが

「一月早ければ保証期間ギリギリで無料だったのに!」
そのような残念な思いを少しでも防ぐため
考えついたのがこの10年日記。

当店で補聴器等の機器を購入のお客様!
故障の有無に関わらず、修理期限間際にご連絡いたしますので
どうかご安心下さい。

2018年4月28日 (土)

これな~んだ!

これな~んだ!

Img_8660800

温度計?湿度計?

いえいえ ( ̄ー ̄)ニヤリ

こう使います

Img_8679800

答えは騒音計(サウンドレベルメーター)

何のため?
どのように使うかというと・・・

簡単に言うと補聴器が適正に調整されているかどうか
つまり健聴者と同じレベルの音を
補聴器を通して聞いているかどうか調べます。

上の画像で表示されている54.9dBとは
その瞬間にテレビから出ている音量ですが
一般に60dB相当の音が心地と良い音とされています。

そこで、この騒音計で音量を測定しながら音の大きさを変えていき
会話が最も聞き取れる時の音を調べ、補聴器の効果と調整に生かします

実際には耳鼻咽喉学会制作のCDを使用し
「あ・い・う・え・お」の中から最も使われる20語をアトランダムに流し
その正答率を用います。

お客様には負担を強いることのある測定ではありますが
その後の補聴器調整のベースとなりますので
ぜひご理解の程お願いいたします。

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

へっぽこ写真館

  • 生田アナとのツーショット
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

無料ブログはココログ