メガネ

2018年3月17日 (土)

メガネのフィッティング講習会

長野市で開催された
メガネのフィッティングセミナーに参加しました

講師は私が師事する横田先生
毎回多くのことに気づき学びます

Img_1380800_2

上の写真は談笑しているのではなく
私がモデルとなって、他の参加者が私のメガネを調整します。

そして交代でフィッティング技術を向上させます。
ちなみに下の写真の方は
私にとって遙か雲の上の存在であるゴールドフィッター
沢山の事を学ばせていただきました。

Img_1399800

そして、セミナーが終われば
楽しい楽しい懇親会

1a1633

(上の写真は師匠の横田先生のホームページより)

横田先生 参加者の皆様
大変お世話になりました。

2018年2月 6日 (火)

深視力

大型二種免許お持ちのS様(男性70代)
「免許更新の際に必要な深視力(遠近感テスト)に苦労するようになった」
とのことでご来店。

調べてみると左右の目に視力差があるため
片眼での映像で物を見ていることとなり
そのため遠近感がつかみにくいことが判明

乱視もしっかり入れてバランスをとり
店の「深視力系計」で測定したところ

0011

免許更新に必要な±2.5センチを余裕でクリア

実際に仕事で緑ナンバーの車を運転されているので
免許更新は死活問題とのこと

お役に立ってて良かったと
心から思うオプトパパです。

2017年6月17日 (土)

お見事!

本日、修理で持ち込まれたメガネフレームです。

左の鼻あての部分が折れてしまい
そのまま装用すると折れた部分でケガをするため
お客様が応急処置をされました。

Img_7391800

その部分を接写してみるとご覧の通り

右の鼻パッドと同じような形状に補修してあるので
これなら皮膚を傷つけることはありません。

Img_7394800

長年メガネ屋をやってますが
こんな上手な応急処置は初めて見ましたし
今後の参考にさせていただきたいと思います
(過去に短期滞在の観光客さんで、同じような破損もありました)

H様 お見事です!

2017年5月17日 (水)

スタンドボード

当店の主流レンズメーカーである「ニコン」
その正規取扱店としての証?としていただいたスタンドボード
右のブラックボードのように蛍光マーカで文字も書けますが
どうも”くどい”ような気がしましたので・・・

Photo

考えたのは作りチラシ(カラー版)を拡大し
私の顔出しと、当店のポリシーの表示

Photo_2

誰でもそうですが、初めて入る店は緊張するもの

「どんな人がやっているんだろう?」とか
「高い品を売りつけられないかしら?」など

そんな不安を払拭するには
等身大のポスターが有効だといわれていますが
そんな勇気も予算も無いため(笑)
とりあえずこのパターンで試してみます。

2017年5月13日 (土)

新しい視力表

昨日入れ替えた新しい視力表ですが
いわゆる「字ひとつ視力表」で
手元のリモコンで切れ目の方向は思いのまま

Img_7163800

そして左右の視力差のある方がメガネを掛けた時の
網膜増の大きさを比較するチャートや

Img_7167800

左右の目が①同時にものを見て
②左右の画像を頭の中で融合させた結果発生?する
③遠近感のテストチャートも充実していて大変便利!

Img_7166800

そして何よりも
「レッド&グリーンテスト」の色の鮮やかなこと
(実際にはもっと鮮やかです)

Img_7160800_3

ちなみに上の画像を1メートル以上離れて見たとき

赤の中の数字や二重丸の方がわかりやすい方は「近視」傾向の方
あるいは、今掛けているメガネの度数が弱めかもしれません

逆に緑の中の数字や二重丸の方がわかりやすい方は「遠視」傾向の方
あるいは、今掛けているメガネの度数が少し強めかもしれません

「私は赤の中の二重丸の方が見やすい」 「僕は緑の方!」
そんか方はぜひお出掛け下さい。

2017年5月12日 (金)

メガネ部門がパワーアップ!

亡き父の代から使っていた視力測定機器が
ほぼ同時に寿命を終え交換しました。

Img_7134800

手前の機械がオートレフ(自動屈折測定装置)
あごを乗せ機械の奥の景色を見ていると
あ~ら不思議?おおよその屈折度数(メガネ度数)が測定されます。

そして壁にかかっているのがシステムチャート(視力測定装置)
裸眼視力の測定はもちろんですが
様々な指標を用いてお客様に最適な度数をお選びします。

創業55周年に合わせたわけではありませんが
最新の検査機器の導入により
当店のメガネ部門がさらにパワーアップしました。

そんなわけで、今夜も・・・ではなく(笑)
皆様のご来店お待ちしておりま~す!

2016年9月14日 (水)

コペルニクス的転回

先日、松本で行われたメガネのフィティング講習会に参加して以降
ハードルを上げた調整に心がけています。
(下の写真は、お客様に確認してもらうため私が撮ったもの)

Img_6382800

思えば何年(←正確には何十年coldsweats01)もの間、別段悩むことなく調整してきましたが
SNSを通じ、友人の知人というつながりから師匠の横田先生を紹介いただき
そのセミナーに参加したことが、いわゆるコペルニクス的転回

つまり、従来の「両耳と鼻の3点でメガネを支える調整」から
「お客様の顔の形状に合わせた(トレースした)調整」への劇的な気づき

そんなわけで、毎回セミナーで習ったことを生かそうと努力していますが
調整中での「これでいいよ!」「これで充分」といったお客様の声に押され
「もう少しやらせて下さい」となかなか言えない自分がいました。

しかし、これからはセミナーで目標タイムとされている15分(←これでも短いくらい)を
お客様に伝え、そしてお願いし、納得できる調整を心がけたいと思っています。

そんなわけで
従来より「視力測定」とフイッティングには少々お時間を頂戴しておりましたが
技術力向上のため、お忙しい中恐縮ですが「納得いくまで調整せていただきます」happy01

2016年7月 5日 (火)

毎月20日は

♪毎月○○日は△△の日♪
みたいなCMがありますが

毎月20日は・・・

1800_2

そっ 「メガネの日」
20の数字をチョット加工するとあら不思議
メガネを掛け、右側を向いている人に見えませんか?

2_800

ただし記念日協会?非公認(笑)

個人の眼鏡屋さんが提唱され
このような立派なスタンドを無料配布されているんです。

いずれは公式機関に申請し
正式認定される事を願っています。

2016年7月 1日 (金)

ひとみ倶楽部

5年前より
当店で補聴器をお買い上げいただいたお客様に
定期的にお届けしているDM「耳だより」

お客様との関係が密になり
クーポン券も好評なことから
メガネのお客様にも出したらどう?
とのアドバイスを知人からいただき
つくったDM名が「ひとみ倶楽部」

Hitomi1800_2

なんだかアイドルのフアン倶楽部名みたい(←ほっとけ!)

そしてその内容はこんな感じ。
Hitomi2800

5年以内にメガネを作られた方には
近々お手元に届きますので楽しみにしていて下さい!

2015年10月22日 (木)

年に一度の講習会

コンタクトレンズの販売管理者が
年に一度、絶対に受講しなければいけない講習会
それが「医療機器販売及び貸与管理者継続的研修」

全国各地で行われていますが
長野会場だけで100数十名の受講がありました。

128ページもあるテキストの要点だけを
予定時間内でシッカリこなす講師先生は・・・若いけど、ただ者ではない!
(受講番号32番は最前列でした)

021

なぜ、毎年受講しなければいけないかというと
角膜に乗せるコンタクトレンズは
使用方法はもちろんのこと、製品に問題があった場合
失明にもつながる危険な商品だから。

024

そんなわけでシッカリ勉強してきました。

そして今日のご教訓(←久しぶり)

眠気に勝つには、筆記すること!

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

へっぽこ写真館

  • 生田アナとのツーショット
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

無料ブログはココログ