季節

2020年8月21日 (金)

季節の便り

毎年気に掛けてくれている知人の諸事情や日照不足等で
「今年はダメかな?」と思っていた季節の便り
川中島白桃が届きました。

Img_5687

大粒で豊かな香り
桃の向きをちゃんとそろえていることからも
生産者さんの桃に対するが愛情が伺えます

Img_5688

コロナ禍でいろいろなことが中止され
季節感がない中で、思わぬ嬉しい便りです。

2020年8月19日 (水)

お盆を過ぎると・・・

本日の当町の最高気温は30.5度
8月10日11日両日の34度超えには及ばないものの
人も草花もグッタリしています。

しかし、午前4時の最低気温は16.5度と
タオルケット1枚では寒いくらいでした。

昔から言われていることに
「お盆を過ぎると秋風が吹く」
「9月末のお祭りではコタツが出ている」

今年はどうなりますでしょうか?

 

 

2020年6月24日 (水)

信越地方の春の風物詩

信越地方の春の味覚と言えば「竹の子汁」ですが
地元に伝わる春の風物詩といえば・・・

Img_5285

笹餅です。

田植えが終わった「田休み」に
餅をついて、そして食べて英気を養う。
(昔、お餅はご馳走でしたから)

Img_5286

以前はピュアにお餅ちだけでしたが
カミさんの実家から届く笹餅ちはアンコ入りで
まるで「かしわ餅」のよう

一口食べた画像を載せようと思いましたが
あまりにもリアルな切り口(歯形)だったため自主規制(笑)
大変美味しくいただきました!義母さん

2020年5月 7日 (木)

最初で最後の初物?

コロナウイルスに振り回され、自粛生活を続けていると
季節の移り変わりを知る機会が減り
そのため今年は自然界の予期せぬプレゼントに驚かされることが多々あります。
そして今日届いた初物は初夏を告げる信越人のソウルフード「根曲がり竹」

Img_5131

当然信濃町ではまだ採れず、妙高市の知人から届いたものですが
今年は会員制の(竹の子採りの)組合活動も自粛となり
「もしかしたら最初で最後の初物かも?」と、感謝しながらいただきました。

2020年4月28日 (火)

2020年の大山桜

新型コロナで右往左往している人間達をよそに
季節は例年のごとく移り変わり
駅前のオオヤマザクラも開花しました。

Img_5100

そして
休館中の「信濃町総合会館」正面の桜も五分咲き

Img_5106

こんな時だからこそチョット立ち止まり
目の保養すること必要です。

2020年4月20日 (月)

店頭のビオラ

二ヶ月前は青菜に塩のようだった店頭のビオラですが
今月に入りぐんぐん元気を取り戻し
今では、ご通行の皆様も立ち止まるほどの花壇となりました

Photo_20200420180201

調べたところ
「開花期は11~6月で、3月下旬~5月に見頃の時期を迎えます。
蝶のような形と白やピンク、紫、青、黄などのさまざまな花色をしているのが特徴です。」
とありますので長く楽しめる花なんですね

ところで花言葉は『少女の恋』『私のことを思ってください』
そこから、よく告白や片思いの相手に気持ちを伝える花束に用いられるとか?
ポエムだな~ メルヘンだな~ チョメチョメ!(←山城新伍風)

2020年3月12日 (木)

桜咲く

我が家の玄関には季節季節の花がいけられています
それはフラワーアレンジメント教室に通うカミさんの作品

そして今月は桜の枝を使用した生け花が飾られており
しばらくすると芽が膨らみ、三輪ほど咲きました。

Image0_20200312184301

新型コロナウイルスに振り回されている昨今ですが
植物は何ら関係なく季節を告げてくれます。

今年は暖冬により桜の開花は早いようですが
コロナウイルスの流行が気温の上昇と共に沈静化し
笑顔で花見が出来るといいですね!

2020年2月20日 (木)

雪溶けて・・・

雪溶けて村いっぱいの子供かな(小林一茶)

たぶん昔はそうだったのでしょうけれど
少子化の今では数えるほど

それでも子供の声や歓声は大人を元気にしてくれます
今日も柏原保育所の年少さん?が店の前の公園に散歩にきてくれました。

Img_47272_20200220184501

日向で遊ぶ子もいれば
日陰の雪を突っつく子(左下)もいて見ていて飽きません

2020年1月30日 (木)

暖冬を実感しています。

お隣の
妙高市のお客様からいただいたネコヤナギ
春の小川のせせらぎが聞こえてきそうです(←ポエムだな~)←山城新伍かよ!

Img_9809

先週カミさんが
実家(町内)から採ってきたフキタンポといい
今日いただいたネコヤナギといい
本来なら3月の風物詩

記録的な暖冬を実感しています。

 

 

2020年1月27日 (月)

早すぎた春の味覚

少雪は自然界にも影響を与えているようで
カミさんが実家(町内)から採ってきたフキノトウ(ふきたんぽ)で
一足も二足も速い春の味覚を堪能しました。 

Img_4672
1/3を天ぷらに
残りをフキ味噌にして楽しみます。

天気予報では今日から雪ですので
もしかしたら「雪下フキタンポ」になる可能性もある
2020年、早すぎた春の味覚でした。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ