DIY

2024年4月17日 (水)

デッキチェアの塗り直し

3年ほど使ったデッキチェアですが
座る部分が日焼けしたため塗り直しをしました

Img_0253

まずは
塗り直す部分のペンキを電動サンダーで剥がし

Img_0257

4時間間隔で2度塗りすると
こんな感じ

Img_0258

今年はこの手のDIYが多くなりそうです。

2024年4月12日 (金)

復活!コンビハンマー

いつの間にかヘッド部が取れて
不要品となっていたコンビハンマーですが
検索したら替えヘッドの名称で売ってました(462円)

Img_0245

画像から勘で選択し、でダメ元で取り寄せ
早速取り付けたら、やや寸足らずですが
ネジ山はピタリ!

Img_0246

コンビハンマー復活です!

2020年9月23日 (水)

定休日はDIY

店の仕事場のフローリングは
縦横無尽に動く椅子のキャスターが
想定外の破壊力を示しご覧の有様。

Photo_20200923171901

布ガムテープで応急処置をしていましたがを
摩擦で切れたガムテが靴の裏に張り付き
丁度ガムを踏んづけたような不快感

そこで先週の定休日は一念発起し
フローリングの部分張り替えを行いました。
過去にも経験があることから、床材と接着剤のみ購入し
一日かけた成果がこれだ!
(さすがに同仕様のフローリングは見つからず異なる柄になりました)

Photo_20200923171902

本当は
作業場の奥まで張り替えたかったのですが
古いフローリングを剥がすのに手間取り
予定の半分で終了(途中の写真も撮り忘れました)

次回は記録を目的に(なんせ物忘れが激しくて 笑)
もう少し細かな作業工程をアップさせたいと思います。

2015年9月 6日 (日)

DIY 店舗の床修復

店入り口の床(クッションフロアー)の表面が剥がれ出したので
倉庫に眠っていた床材の切れ端を利用して修復を試みました。

Photo

①まず最初に、修復したい部分をブロック単位で剥がします。

今回は(古い)接着が床材と一緒に剥がれラッキーでしたが
多くの場合は床の基礎面に張り付いていますので剥がすのに一苦労します。

Photo_2

②続いて専用の接着剤を塗布します。
ホームセンターでは両面テープが主流でしたので
ネットで購入しました。

Photo_4

③剥がした部分に
保管してあった切れ端を貼り付けますが、
切り口が一致するよう(隙間ができないよう)
新しい床材は、古い床材の上に重ね一緒にカットして作りました。

Photo_5

④つなぎ目をの接合と
接着面の空気を抜くためにローラで押し固めます。

Photo_6

⑤無事に修復完了!
かかった費用は六千円弱ですが
使った接着剤はわずかでですので
実際には二千程度でしょうか。

Photo_7

頑張ったこんな日は自分にご褒美!

ひやぁぁぁぁぁぁ...!!!
うめぇぇぇぇぇぇ...!!!

したことは言うまでもありません。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

へっぽこ写真館

  • Img_5138300
    芸術性より記録を目的とした下手な写真ばかりですが、いつかはオプト家の家宝となることでしょう。

マイリンク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ