ゴールデンウイークの最中、ようやく咲いた駅前の大山桜
木の下では小4の次女が友達とシャボン玉を飛ばしていました。
父親にとっては心に残る風景でした。